« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

国民年金保険料17万円を払う!

国民年金に入っています。年金問題が言われていますがこれは国民の義務です。

本日、その義務を果たすため、保険料1年分を前納してきました。

その額なんと16万9850円・・・・・。

家計ピンチです。物価高も痛いです。この庶民感覚をいつも忘れまいと思っています。

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

再びガソリン値上げですよ!!

租税特別措置法が明日、採決される見通しとなりました。

これによってガソリンが再び値上げされることが必至の情勢となりました。

5月からは160円台とも言われており、庶民にとってはまた負担増となります。

テレビなどではそうした声がたくさん報道されていましたが、やはり自分の周りの仲間も「ガソリンは勘弁してくれ」という声を多く聞いてきました。

また小麦価格の高騰などもダブルパンチとなり、パンやラーメンの値上げも私たち若い世代とっては死活問題です。(特に私は低賃金でラーメンなどに助けられているので汗)

実際、市内のガソリンスタンドを視察&給油してきました。22時半になってもスタンドは長蛇の列をなしてていました。

Gasosuta_2

写真は千葉市稲毛区作草部町のガソリンスタンド。10分待ちでした。

道路特定財源はやっぱり一般財源化して、教育や福祉など他の分野と比較考慮して、配分を決めていくべきだと思います。ガソリン税についても御意見をお寄せください!

| | コメント (2)

2008年4月28日 (月)

市川福祉チャリティの準備会

午前中、活動にいそしむ。午後は都内へ。

夕方は市川市入り。

5月11日(日)13時より市川市民会館で行われる「第2回福祉チャリティのつどい」の事務局会議へ。

本番が近いこともあり、会議も多くの方がそれぞれ意見を提起し、活発な議論となっていました。議論がたたかわされると、思いもしなかったようないろいろな意見が出ますので、とてもいいですね。「議論の持って行き方」というのも勉強する価値がありますね。お葬式会議というのはやっぱりよくないですもんね↓

その後、メンバーと懇親会。チャリティ参加者の声楽家の今井康裕さん(野ばらの会)と数時間にわたり、ナツメロ談義。主に伊藤久男について話して盛り上がる。田谷力三についても大いに盛り上がりました。

市川市議のかつまた竜大さんからは、立教大学出身ということで、前からお願いしていた立教大学にある灰田勝彦の「鈴懸の径」記念碑の画像をいただきました。これは後日、UPします。福祉チャリティのつどいについても後日、告知します。

とても楽しいひとときでした。

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

聖火騒動に思う

長野での聖火が無事に(?)終わりました。とりあえずはよかったですが。

これまでの報道を見ていて、ちょっとあれれ?といつも思っていました。

それはなんだか「過剰に反応しすぎなんじゃないか?」ということ。もちろん、何か暴動のようなことが起きてはいけないので、対応の準備は必要なのですが、マスコミは連日、外国での騒ぎを繰り返し報道し、日本でも何か起こるかも!というように煽っていた印象を私は受けました。

ちょっと踏み込んだ(踏み込みすぎ?)見方をすると、煽って報道することで、「何か起きて欲しい!」というような感じすら受けてしまいました。

暴動・騒動が何故起きるのか?そもそもチベット問題とは何なのか?という報道が少なかったし、そうした視点が欠けていたように思うのは私だけでしょうか?

「光事件」に続いて、またいろいろ御意見をお聞かせください。

| | コメント (2)

2008年4月26日 (土)

第79回メーデーに参加

働くものの祭典・メーデーといえば5月1日ですが、ここ数年は労働者・・・・いや言葉が古いか・・・働く人々も平日に休みはとれないとのことで、メーデーは5月1日より前の土・日に行われています。千葉のメーデーは今日26日に行われました。

朝7時半より、千葉中央郵便局前で社民党の宣伝カーで街頭宣伝。村上克子県連代表と小宮清子県議会議員とともに街宣カーの上から参加者に挨拶&演説。

少し体調が悪かったため、私は演説はせず、司会に徹しました。それでもややカミカミでしたが・・・・汗。いろいろな方から激励をもらい、とても勇気付けられました。

午後は、千葉総支部の青年党員会議。久々の開催でしたが、それぞれの職場のことや今後の活動について意見交換をしました。

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

体調不完全!

なにやら体調を崩しています。やや長く患っています。

お医者さんに行かないとなぁ。でも病院苦手なんです。注射ダメなんです↓

健康には気をつけたいですね。

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

光母子殺害事件、元少年に死刑判決に思う

光母子殺害事件の差し戻し控訴審で、元少年に死刑判決が下された。

今日は出先で仕事をしていたが、10時からの判決が気になって仕事どころではなかった。10時にテレビをつけたところ、主文は後回しとのこと。これで極刑が出ると確信した。12時過ぎに元少年にやはり極刑が言い渡されたことが一斉に報じられた。

私もこの事件をよく覚えていた。9年も前だから浪人の頃だったろうか。法律を勉強していたこともあったせいか、少年事件ということで衝撃を受けたのを覚えている。しかし、それよりも衝撃を受けたのは、1審で無期懲役判決が出た後の被告の友人に宛てた手紙である。そこには人を2人も殺めたことに反省をするどころか、被害者や遺族を愚弄するような中身が書かれていたのである。その中身には私も腹の底から怒りを感じ、それからこの事件には注目すようになっていた。

2審でも無期。上告審で差し戻し。そして今日の判決。遺族の本村さんにはとても長い9年で大変な苦労があったと思う。たった一人で敢然と闘い、国民世論をも動かした本村さんの姿には心を打たれるものがある。

死刑制度については様々な議論があり、社民党でも死刑制度に反対の声もあるが、私は一貫して死刑存続の立場である。もっと言えば、厳罰化を進めるべきだと思う。

昭和30年代くらいまでは、殺害人数は1人でも極刑となるケースが多かったが、以降、殺害人数は2人以上というのが基準となり、非常に緩和されてきた。被害者が3人、4人でも死刑にならないケースも多々存在した。近年では再び極刑判決が増え、死刑囚も100人を超えている現状だが、凶悪犯罪は後を絶たない。

罪を犯す、人を殺すということは本来、あってはならないことであり、それをした者にはそれなりの責任を負わせるのが、当然である。かけがえのない命を奪い、多くの人に深い傷を残した者は自身の命をもって償うしかない。

この世の中は人が支えあって生きており、それを乱した者は責任をとらねばならない。罪を犯すこともなく、ひたむきに毎日を生きている人がたくさんいるのだから。

| | コメント (8)

2008年4月21日 (月)

6・1中村哲さん講演会準備進む。

すでにお知らせした6月1日(日)の中村哲さんの講演会の準備にいそしむ毎日です。

今日も下準備やお知らせに走る毎日でした。また5月3日の憲法記念日の新聞への意見広告掲載の準備も平行してお手伝い。

あわただしい毎日のため、最近手帳を持っているのに、毎日のスケジュールがたいへん混乱しております・・・↓これでは手帳の意味がないのでは?と反省反省。

6・1集会、引き続き皆様のご参加をお待ちしております。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

そして神戸。三都物語。

土曜、日曜と旧社会党系の青年組織の会合のため、神戸入り。

全国の青年と学習と交流をしてきました。新しい出会いもあり、元気百倍。久々の学習会で、また自身の学習と努力が必要なことを痛感しました。夜はお酒も入って、気合いを

帰りは関西にいる友人と久々に再会し、大阪、京都を案内してもらいました。大阪では芸人さんの「ロザン」の宇治原さんがロケかなんかで来ていて、ニアミスしました。最初、驚いて名前が出なくて、「誰やっけあの人!平成教育委員会に出てるやん!」とエセ関西弁で友人に叫んでいました。

隣で気づいた関西風のオバちゃんも「ほら、兄ちゃん!あの子誰やったっけ!ほら、漢字のクイズがようできる子やんな!」と興奮状態。オバちゃんのコテコテの生関西弁にこちらは感動。

大阪、京都はほんのちょっといただけでしたが、東京に帰った頃は深夜になっていました。心地よい疲労感にひたりながら、今週もがんばっていきます。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

労組大会で挨拶

某労組大会で挨拶の機会をいただき、参加してきました。

多くの人前での挨拶とあって、いつも以上に緊張しました。何を話そうかと考えるのにも四苦八苦。いつも緊張の連続です。挨拶や演説なども日々、鍛錬なのでしょうね。

現場見学や懇親会でも多くの方から、お話を聞かせていただく機会を得ました。「人づくり」「ものづくり」ということの大切さ。「人を育てる」ということが何よりも重要な要素であることを実感いたしました。

自分自身も多くの方に日々、育ててもらっています。早く報いたいと思います。

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

自衛隊のイラク派遣に違憲判決!!

自衛隊のイラクへの派遣は憲法違反として、市民らが派遣の差止めと慰謝料を求めていた訴訟で名古屋高裁は「航空自衛隊の空輸活動は憲法9条に違反する」との違憲判断を示しました。

イラクへの派遣が行われて約4年。私たちの反対もむなしく、なし崩し的に派遣が続けられてきましたが、そんなアキラメ感を吹っ飛ばしてくれました。当然の判決と思います。

最初は「活動は危なくないところ。たいしたものは運びません」

現状は「どこが戦闘地域かわかりません。武装兵員も運びます」

と明らかにズルズル来ています。

そもそもイラク攻撃自体が、でっちあげの「大量破壊兵器を持っている」との理由で始まり、他国がそれに疑問を感じて撤退しているのに、日本はいつまでアメリカの支援を続けるのでしょうか。

国際貢献は当然するべきです。でも自衛隊の活動だけが国際貢献ではないと思います。国内の政治・経済も厳しいのに、いつまで湯水のごとく、血税をつぎ込むのでしょう。一日も早い撤兵を目指して、行動していきましょう。

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

市千葉を電撃訪問!!

母校・市立千葉高校に所用があり、電撃訪問を果たしてきました。

新校舎となって初めての訪問のため、数日前からとても楽しみにしていました。

行って驚きました。

その新しさ。その近代さ。そして入口がわからないこと。校庭がまだ工事中なこと・・・・などなど。

写真をたくさん撮ってきましたので、後日UP&簡単な報告をします。

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

社民党県連合定期大会を開催。

社民党千葉県連合の定期党大会が県教育会館で開かれました。

福島みずほ党首や阿部とも子議員も参加され、国会の政治状況が報告されました。

私は前回の党大会で役員に選出されましたので、今回は執行部ということで前の席に座りました。座る位置が変わると、視点も変わります。視点を変えると見えてくるものもあります。

今までの視点とは異なる視点で気づいたこと。

それは・・・・・

年齢構成が高い!(汗)

ということです。党員の高齢化ということが顕著なのです。まぁこれは自民党でも共産党でも同じことが言われていて、どこも似たような感じなのでしょうが、やはり克服していかねばならない課題だと思います。

全国的には社民党では私と同年代の活躍が始まっています。千葉県でも「今の世の中をなんとかしたい!」という若い方の参加を首をながーーーくしてお待ちしています。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

中村哲さん(ペシャワール会)講演会のお知らせ

さてさて、憲法シリーズの第2弾です。

新聞やマスコミでもおなじみのペシャワール会代表で医師の中村哲さんの講演会を千葉市で開催することになりました。主催は「中村哲さんと平和憲法を考える千葉市実行委員会」です。私も実行委員会の共同代表として選ばれ、現在、集会の成功に向けて奮闘しております。

中村哲さんは、医師としてパキスタンやアフガニスタンで長い間、無医村などでハンセン病を専門に治療に携わってこられた方です。その活動と平行して、両国での医療向上、生活衛生向上のために、水資源の確保を目指して、「井戸掘り」の活動を続けてこられました。

掘った井戸は1500本以上というから驚きです。これらの活動は著作「医者、井戸を掘る」などで大変な苦闘をされたことを知ることができます。

大規模な干ばつにより飢餓になったり、きれいな水がないために子どもたちが病気になったり・・・・アフガンやパキスタンの状況は深刻です。

そうした中で、中村さんは井戸を掘り続け、「命の水」を提供することで、飢餓を減らし、病気を減らし、多くの人々の命を救ってこられました。

まさに人道支援の最先端をいく中村哲さんに講演いただくことによって、「真の国際貢献」とは何だろう?ということを私たち実行委員会も皆さんと一緒に勉強していきたいと思っています。

どなたでも参加できます。チケットも取り揃えております。

★6月1日(日)13時開場。13時半開演。

★千葉県教育会館大ホール(千葉市中央区中央4丁目・本千葉駅徒歩10分)

★参加費1000円

ぜひ参加したい!という方、もうちょっと詳しく聞きたい、という方は私・亀井までメールにてお問い合わせください。もしくはここの掲示板に書いてくださっても結構です。

多くの方の参加を楽しみにしております。

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

5月3日憲法記念日・「意見広告」へのあなたのお力を!

憲法を守りたいという団体や個人が参加している「憲法9条を世界へ未来へ」実行委員会では、毎年5月3日に朝日新聞および毎日新聞に「憲法を守ろう」という意見広告を多くの方の協賛で掲載しています。

私もこの団体に個人として参加しています。

毎年多くの方から賛同をいただき、約3000名の方々のお名前を掲載しています。

「憲法を守ろう!」という趣旨に賛同できる方であれば、1口1000円でどなたでも参加できます。もちろん、お名前を出したくないと言う方は出さなくても全然OKです!

ぜひ参加したい、もしくは詳しいことを知りたい、という方はメールにてご連絡ください!

できるところから始めていきましょう☆皆様の参加をお待ちしております。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

食料自給率をどうする?

株価安、原油高が続いている。それにより、様々な生活用品での物価高が相次いでいる。

たとえば、パン、ラーメン、牛乳、バター、マーガリン。私たちの生活になくてはならないものばかり・・・・。特にパンやラーメンは今の私にとっては・・・(笑)

小麦の値上げも30%だと言う。小麦の自給率は10%を割るという。こんな状況でこれからの日本の食糧事情はどうなっていくのだろう。「お金があるから、輸入できる」という時代がかつてありましたが、中国などの発展途上国の輸入も増えており、輸入に頼ることもいずれできなくなるのではないかと思われます。

農業の発展。自給率の向上は死活問題といえます。そうした問題について、千葉市でも千葉県でも具体的対応が急がれます。

じいちゃんの畑を手伝っていて、つくづく「食の大切さ」と感じています。

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

先輩逝く

ここ最近、私の多くの先輩が旅立たれています。

ひとりは現職の市議会議員、もうひとりは労働運動を教えてくれた先輩です。

私に多くのことを教えてくださった方だけに、ぽっかりと心に穴があいています。

葬儀の席で、遺志を受け継いでまた頑張っていかなくてはという思いを新たにしました。

一度しかない人生。人のために尽くせたらと常々思います。

私はこれからどんな人生を送るかわかりませんが、常にそうした気持ちを忘れずにこれからも毎日を精一杯生きていきたいと思っています。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

若手党員集まる!!

今日は一日、事務所の整理などをおこなった後、東京へ。

全国の青年党員有志の集まりに四ッ谷へ。

全国で若い仲間が奮闘していることを再確認し、私も明日から頑張ろうという気合いをもらいました。

今、社民党では全国的に若手が奮闘しています。千葉でも新たな仲間を募集しています。「今の政治を変えたい」という思いを少しでも持っている貴方の参加をお待ちしています。

政治はそんなに難しいものではないと思っています。私たちが少しでも幸せに暮らすために一緒に考えながら、できるところから行動していきましょう。

これを見ている貴方!連絡をお待ちしています★

| | コメント (3)

2008年4月 3日 (木)

ガソリン値下げ!!

ガソリンが下がりました。私も一庶民としてうれしいです。

近所のガソリンスタンドを価格調査したところ、一番安いところが124円(千葉市稲毛区作草部町)で、迷わずここでガソリンを満タンにしました。

道路特定財源については様々な見方がありますが、「なぜ道路だけが特別扱いなのか?」という点が大事です。福祉・教育・環境といった分野での予算削減が行われています。それらの動きとは逆行する形で、道路だけは断固として守るという姿勢は理解に苦しみます。一般財源化ということは大きな転換の一歩と思います。様々な分野での予算配分を議論していくことが大事だと思います。

このことは野党でしっかりと共闘していくことが重要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

ご心配をおかけします!

退職について、様々な方々からご心配の声をいただいています。

本当にありがたいことだと思っています。

でも私は大丈夫です。

次期に向けて、しっかりと活動を開始していきます。

とはいえ、当面はアルバイトをしながら、しっかりと自分の地歩も固めていきます。

これからもどうぞ皆様の声をお寄せください。

痩せても枯れても私は頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

新しい年度を迎えて

ご無沙汰してしまいました。申し訳ありませんでした!!

というのもここ数ヶ月は自分の身の処し方について真剣に考える毎日でした。

今の自分はこれでいいのか?という問いです。

いろいろ考えに考え抜いた結果。

3月31日付けで現在の会社を退職するに至りました。

職場の同僚も優しく接してくれましたし、自分の仕事を途中で投げ出すような形になってしまうことにとても悩みましたが、「来たるべき時」に備え、今から再出発しなければと思い、そのような結論に至りました。

辞職したことはとても寂しいですし、今も本当にこれでよかったのだろうか?と思っていますが、そんな思いを大切にしながら、前を見て歩んでいきたいと思います。

社会人としてのこの1年。自分のふがいなさや甘さを知った1年でした。21票差で落選したのもそんな「学生気分」の甘さがあったのかもしれません。

仕事は本当に厳しかったけれど、「仕事」の厳しさ。「責任」ということの重さ。「信頼」ということの大切さ。多くのことを学ばせていただいた1年でした。

その経験をこれからの活動に活かしていきたいと思っています。

やることは山積しています。課題も山積です。新たな気持ちで出発です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »