« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

市川市総務課に申し入れ

22日から始まる「第20回千葉県反核平和の火リレー」の準備で大忙し。

22日のリレーで訪れる市川市役所を事前の申し入れで訪れた。

若手市川市議のかつまた竜大さんに同行していただいて、総務課では懇切丁寧に対応いただいた。感謝申し上げたい。

かつまた議員のご好意で市川市議会も見学させていただいた。議場で撮影まで笑。

ありがとうございました。

007

【議場にて。しっくりきてます?】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

市立千葉吹奏楽部定期演奏会

行ってきました。もう今年で第30回となり記念の演奏会でした。感動感激。

自分が出たのが、たしか第17~19回。そういや卒業後、OBとして25回にも出ました。

OBということで、毎年だいたい見に行ってますが、いつも生徒のひたむきな姿勢を見て、自分の頃を思い出したりして、なかなか胸が熱くなります。青春の1ページ。

・・・青春といえば、もうすぐ高校野球が始まりますが、実は自分は小学校の時から野球をやりたかったんです。ところが小学校の時、音楽の恩師の大先生に見出され(?)、吹奏楽部入りすることに。

中学ではそのまま吹奏楽続けようか、野球やろうかどうしようかな?と思っていたら、野球部が廃部でそのまま吹奏楽部入り。(吹奏楽部に1人も男がいなくてかなり迷ったが)

そんな流れで高校では最初から吹奏楽部に。でもつくづく吹奏楽部でよかったです。いろんなドラマがあって、多くの仲間にめぐり合えましたし。

でも球児の夏が始まると、どこかで道を間違えていたら高校野球に出ていたかも・・・なんて妄想が毎年のように始まってしまうのです。笑。

| | コメント (0)

2008年6月28日 (土)

友人の結婚式!

今月3つ目の結婚式(2次会)へ。

高校時代の部活の友人で、2次会の幹事を他に2人の仲間とともに頼まれ、1ヶ月前くらいから新郎新婦含めていろいろとみんなであぁでもないこうでもないと呑みながら議論してきました。

でもなかなか細部が決まらないまま、本番に。そういや、この3人いつも高校のときからこんな感じでしたね。笑。

でもそれぞれがぶっつけ本番で本領を発揮してくれて、1人は面白いゲームを考えてきてくれたり、ギターで歌を歌ったり。もう1人は嫌な顔ひとつせずにいろいろ道具を準備してくれて仕込みをしてくれたり。

私は何故か司会となり。駆けつけ3杯(実はあがり症なんで呑むしかない)。呑めばマイクを離さないんですハイ。

でも何よりも新郎新婦が幸せそうで、こちらもつられて和やかな気持ちでお話することができました。「とてもいい2次会だった」と後でお声をいただきましたが、少しでもそう感じていただけたなら、ありがたいかぎりです。3人で頑張った甲斐ありましたー。でも何よりも新郎新婦の人柄、そして参加してくれた皆さんの協力の賜物だと思っています。

それから高校時代の同級生(女性陣)に久しぶりに会いました。「本千葉で看板見てるよ~」とか笑。あ、やっぱり顔バレしてるんですね。いろいろお話できて楽しかったです。久方ぶりに部活の皆さんとも会えてなんだかみんな変わっていなくて懐かしい。

また幸せのおすそ分けいただきました。

新郎新婦さん、いろいろお気遣いありがとうございました~。

【参加者がたくさんおり、肖像権の関係上、今回は写真なしで・・・笑】

| | コメント (2)

2008年6月27日 (金)

林野労組大会で挨拶。

林野労組千葉分会の定期大会で来賓として挨拶。

来賓というのはやはり緊張しますね↓

Img_0386

温暖化をはじめ地球環境を守るためには、森林の役割が何よりも重要で、その森林を維持管理するという仕事は極めて大きいものです。

こうした事業へはさらなる予算配分が必要なのですが、それと逆行して予算や定員が減らされています。洞爺湖サミットが行われますが、「環境」を訴えるのであれば、こうした業務への手厚い支援こそが必要なのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

後輩の結婚式

高校時代の部活の後輩の結婚式に。

結婚の一報を聞いたとき、とてもうれしくて前々から楽しみにしていました。

青春の1ページを一緒に燃やした弟のような存在だったので、式・披露宴ともにふと目頭が熱くなるのを抑えるのに必死でした。気取らず飾らずの自然な仲むつまじい2人を見て、こちらも幸せな気分になりました。

なにかサプライズがあるのではないかと思い、彼が昔贈ってくれた手紙とCDを忍ばせて出席。なんとまさかの最後にスピーチが回ってきました。(くじ引きで発言者を決める形だったが、実は仕組まれていた?)たいした話はできませんでしたが、そうした昔話をして、スピーチとしました。あとで、好評(?)でした。笑。

実に温かい気持ちになれた1日でした。感謝感激。

Img_0377

【新郎とともに。なぜか握手。やはり職業柄?笑。】

その後、一緒に参加した同期ともう1人の同期を呼んで、来週の結婚式(結婚式が続くのです)の打ち合わせ&一杯。なぜかカラオケにも突入し、3時間も歌いまくりました。久しぶりに学生時代に戻ったような気分でした。

| | コメント (2)

2008年6月21日 (土)

南流山にて

午前中は地域のお勉強。

午後は「社会新報まつり」というイベントに出るため南流山へ。

「社会新報まつり」について、説明すると長くなりますが一応説明を・・・・・(笑)「社会新報」は社民党の新聞で、週1回発行。政治情勢や党の動向、世界の情勢・・・などなどやや固めの新聞です。テレビ欄はありません(笑)そんなとっつきにくそうな新聞をわざわざ購読してる方が地域にはたくさんおられます。

そんな方々への日頃の感謝をこめて行われるのが「新報まつり」というイベントなのです。ついでに政治の勉強もしてしまおうというナイスな企画。以上が説明なのですが、この「新報まつり」は地域によってはすごい力をもっていて、たとえばリンクにもある多田雄平くんの香川県連合では県内3箇所でそれぞれ市民会館などを一杯にして、大物落語家や漫才師、歌手を呼んだり、液晶テレビや旅行などすごい景品が当たったり・・・・というものすごいイベントになっているのです。

千葉市でもそれくらいの企画をしたいなぁと思っているのですが、千葉では主に流山・野田・松戸地域で行われています。そんなわけでお勉強を兼ねて見学へ。

土曜の忙しい中、地域から約100名が参加されていました。第一部は阿部とも子衆議院議員が講師となっての「後期高齢者医療制度」の学習会。やはりお医者さんということで専門家であり、話しなれていて、制度の中身でわかりにくかったところを理解することができました。

Img_0369

【阿部ともこ議員を招いての学習会】

第二部は懇親会。諸先輩方にたくさん御指南(注・酒ではなく政治の指南です)いただきました。ついでにゲストとして紹介&スピーチまでさせていただいてありがたかったです。また多くの方から激励をいただき、元気をもらいました。

その後、場所を移して平和台へ。流山の先輩、地域の方々とお話させていただいたり、歌を歌わせていただいたり。とても楽しい宴でした。

| | コメント (2)

2008年6月19日 (木)

感謝感激!

党本部より電話。「君の街頭演説を見て、中国地震の募金をしてくれた方がいる」とのことでビックリ。なんと10000円という大きな温かい募金です。

送金明細には「亀井たくまさんの宣伝を見て、募金します。私は自民党支持ですがすみません」とのメッセージも添えられていました。とても心が和みました。

私の信条は「困ったときはお互いさま」ということです。そういうわけで、これまで災害があったときはすぐになにはともあれ募金活動をしてきました。政党関係なく、そうした助け合いや思いやりの気持ちを持たれた方がたくさんいて、私にその気持ちを託してくれたということは本当にありがたくてうれしい気持ちです。

引き続き、頑張ります。

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

蘇我駅、朝立ち!

今日は蘇我駅で朝のごあいさつ。

いつも一緒の先輩のうるま又衛門議員(自民)は今日はおらず、先輩の福永ひろし議員(共産)が途中から朝の演説をされていた。福永議員からはいろいろアドバイスもいただき、うれしかったです。

市民の方からもたくさん声をかけていただき、眠気もふっとびました。

中国とミャンマーの災害募金も人数は少ないですが、数人の方からお気持ちをいただきました。ありがとうございました!

Img_0280

【写真は最近の千葉駅での模様】

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

千葉市議会に乗り込む!

千葉市議会に出席!!

いや・・・・落選しているのであくまでも傍聴ですが・・・・(苦笑)

千葉市議会に勉強のため傍聴。

若手の仲間の熊谷としひと議員(民主)と鈴木ともなり議員(無所属)の質問を見学。休憩後の会議のため、先輩議員の皆さんが入場。議場と傍聴席とは目と鼻の先のため、私のことはすぐに発見されることになる。

「お~ぃ、そんなところいないで早く下に降りてこいよ~」と先輩のうるま又衛門議員(自民)から温かい声をかけていただく(笑)いつも蘇我駅での朝立ちではお世話になっているのです。それに触発されて、他の方々にも発見され、議場に笑いが起きる。かなり顔バレしているのですね(笑)

Img_0365

【千葉市議会。休憩中のため人はいません】

熊谷議員はモノレールの赤字問題を挙げていました。1年生ながら市長にも詰め寄っていました。勉強になりました。鈴木議員は市民誘致・財政面からの千葉市のホームページなどの積極的活用を訴えていました。こちらも勉強になりました。

議会外からの市政研究を進めていきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

稲門会(早稲田OB会)にて

早稲田大学OBG会の稲門会に参加してきました。

2年前から参加させてもらっていますが、今日は年に1回の総会。三井サンガーデンホテルに100名近くが集まりました。もちろん、私が一番年下ですけども笑。

一緒のテーブルには熊谷としひと議員も。熊谷さんは同じ学部で3個上です。

挨拶の機会もいただき、「当選」した熊谷さんのご挨拶の後、私は「落選」候補として挨拶しました(笑)

Img_0363

【早稲田グリークラブとともに高らかに「都の西北」を合唱】

その後、懇親では多くの大先輩がたから、多くの分野の話を聞かせていただきました。毎回、いろいろな方のお話を聞くのが楽しみとなっています。やはり同窓の先輩というのはありがたいものですね。

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

伊藤真さん

生協の主催で行われた伊藤塾の伊藤真さんの憲法講演会に参加してきました。

代ゼミ時代にビデオなどでの講演を何度も見たことはありましたが、ご本人を直接目にするのは初めてでした。ユーモアを交えての講演2時間はあっという間でした。

現在の社会問題や政治問題に対しても、具体的数値を明らかにしての講演に一同が熱心に聞き入っていました。頭でっかちでなく、見識ある法律家を育てるために、中国や韓国に生徒を見学に連れて行ったりと近現代の戦争の歴史教育にも力を入れているとのことでした。

「困った人の立場にたつ」「弱い人の目線にたつ」伊藤氏の正義感、そして情熱に胸をうたれました。

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

沖縄県議選、野党が勝利!

沖縄の県議選が投開票され、野党側が過半数を制し、勝利した。開票をハラハラしながら見守っていた。

社民党は公認候補1人が残念ながら落選したが、公認候補は5名、推薦7名、支持1名が当選し、引き続き、野党第一党の座を確保した。

特に30代の公認候補がトップと2位でそれぞれ当選したことは喜ばしい。また中頭郡(定数5)では野党系が4名当選したことも大きい。

議会を野党が制したことで、米軍基地問題に後ろ向きな仲井真知事を追及する土台、そして基地問題の改善に向けての土台が出来上がった。今後の沖縄の県政が注目される。

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

明日は沖縄県議選

いよいよ明日、沖縄県議会議員選挙が投開票される。

米軍基地再編問題や後期高齢者医療制度への有権者の審判がくだされる。

この選挙の重要な点は、与野党の勢力がどう変化するかということである。

現在の仲井真知事・議会ともに保守が大勢を占めているが、今選挙では野党勢力が過半数をとる事も十分にありうる情勢で、野党が議会を制した場合、基地問題でも大きな前進をすることができるものと確信している。

社民党は沖縄では第2党(野党第1党)の座を維持している。公認候補6人、推薦8人を立て、与野党逆転を目指し、闘っている。明日の結果が楽しみだ。

Sinzato

沖縄の街角で。県議候補・シンザト米吉氏(中頭郡・社民)

この後、偶然御本人とお話させていただきました。

沖縄の選挙ポスターはどの陣営もこんな感じで、味わいがありますね。笑。

| | コメント (3)

2008年6月 1日 (日)

中村哲さんの集会大成功!!

前々からお知らせしていた「中村哲さんとアフガンの地から平和憲法を考える集い」が県教育会館大ホールで行われ、約500名が参加してくださいました。

アフガニスタンで人道支援活動を続けるペシャワール会代表の中村さんからは「アフガニスタンは今も緊迫した情勢であり、大干ばつで100万人を超える人々が飢餓状態にある。今もっとも必要なものは食料や水であり、農業を地域に根付かせるための用水路の建設だ。武器では世界平和になんの解決ももたらさない」との現地報告がありました。

穏かな人柄でとつとつと話す中村氏でしたが、これまで危険な戦地で多くの方々への医療提供・人道支援を行ってきたその生の報告に大きな気迫や力強さを感じました。

当日は地域で市民運動をされておられる方や館山からわざわざ友人が駆けつけてくれました。本当にありがとうございました!

なお、会場でペシャワール会へのカンパ(募金)は27万2338円が集まりました。このカンパはペシャワール会に送られ、現地の支援活動のために使われます。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »