« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

ビラ配りに有罪。

以前から注目の裁判。

いわゆる「ビラ配り事件」です。

これは、チラシ禁止と書かれたマンションで共産党の都議会報告を配布した僧りょが住居侵入で逮捕・起訴された事件です。

「表現の自由」「政治活動の自由」が争われていました。

1審無罪、2審有罪(罰金5万円)と判断も分かれていましたが、今日最高裁で有罪が確定してしまいました。

非常に残念で、暗澹たる思いです。

こういうことがまかりとおってしまうと、こちらも正直、活動を躊躇してしまいます。

私のように、大きな組織や後ろ盾がない人間が選挙に出る場合には、

自分の主張や政策を訴えるには、ポスティングをして地道に訴えるしかないのです。

もちろん、中にはチラシを入れられたくないという人がいることもわかっていますので、こちらもいつも気を遣いながら、配布をしております。

ダメといわれれば素直にやめますし、時に理不尽な人もいますが頭を下げています。

そんな感じでやってきましたが、これからはさらに厳しくなるのでしょうか。

こんなことで逮捕される世の中なんて・・・。残念です。

このことは国連自由権規約委員会からも非難されています。

良い方向になることを願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

基地移転どうなる!?

県連主催の第9回政策研究集会へ。

私は平和分科会の座長として参加です。ただ、準備などでかなり手間取りました。

「核をめぐる情勢」についての発表も担当し、この1週間はレジュメ作成と格闘。

現在の核をめぐる状況、オバマ政権の誕生、被爆者の現状・・・・・

と論点が広がりすぎましたが、なんとか無事に発表を終えました。

この他、「イージス艦事故」「習志野基地PAC3問題」「下総基地」「館山基地」などについて報告があり、問題を共有化しました。

最後に「沖縄米軍基地の辺野古移転反対」を決議し、閉会しました。

それにしても、普天間基地の移転問題は、鳩山政権にとっても、党にとっても大きな課題です。今まさに正念場。

安易な妥協で県内(辺野古)移転ということは断じてありえません。

事業仕分けの思いやり予算の議論もへにゃへにゃですし、

読谷では米兵にひき逃げされ、日本人が亡くなりましたが、いまだ身柄引渡しがされず、

東京では、米兵の家族が道路にロープを張って、日本人女性を転倒させ、大怪我を負わせましたが、これまたいまだ身柄が引き渡されていません。

同盟国の議論うんぬんする以前に、このような不合理なことが正されねばいかんと思います。

いずれにせよ、基地移転問題は安易な妥協は許されません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

ご無沙汰でございます。

更新がすっかり滞っておりました。失礼いたしました!!

なんだかコメント欄も荒れていたようで・・・・(汗)

この1ヶ月くらいは、めまぐるしく過ごしていましたが、

自分を極めて客観的に見ることのできた1ヶ月でもありました。

自分がいかに無力であるかといったようなことも思い知りましたし。

いつも思っていますが、やっぱり人生は死ぬまで勉強、鍛錬なのですね。

現在、年末に向けて、いろいろと行動中です。

2009年、残りを悔いのないように生きたいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »