« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

放射線量測定調査報告(10月28日分)

【放射線量測定】(10月28日・亀井調査)

                      

                      地上1メートル     雨どい付近など

・中央区千葉港(千葉市役所前)       0.068

・中央区都町2丁目(交通公園)        0.081

・中央区祐光4丁目               0.080

・中央区椿森3丁目                           0.194

・中央区弁天3丁目(千葉公園付近)     0.076

・若葉区若松町(若松高校付近民家)     0.072      0.112(草むら)   

・若葉区みつわ台5丁目(給水塔付近民家) 0.066      0.107(草むら)       

・若葉区都賀3丁目                0.070

・稲毛区長沼町(16号沿い)          0.118    0.890~0.944

・稲毛区穴川3丁目                          0.221

・稲毛区天台4丁目                          0.136

・稲毛区作草部2丁目              0.075      0.118

 

※単位はマイクロシーベルト。

稲毛区長沼町の某所の雨どいで高い数値を示し、びっくりしました。

この場所についてはまだ軽率なことは言えませんが、数値が比較的

高いので、引き続き、継続調査をいたします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

亀井事務所も放射線量測定開始!!!

千葉市でもようやく市内の放射線測定が進められることになりました。

現在、市のホームページで順次公開されています。

http://www.city.chiba.jp/kankyo/kankyohozen/kankyokisei/air_houshasenkekka-all.html

さて、以前より地域の方々から、放射能について不安の声が寄せられて

おりましたので、私も現在行動開始中です。

先般、放射線測定器「mr.Gamma」(クリアパルス社製)を購入・測定活動中です。

定期的に測定・報告をしていきます。

それでは、報告します。

【千葉市中央区の放射線量測定】(10月13日調査)

・椿森中学校校門前(昇降口側)    0.109

・椿森中学校校門前(病院裏門側)   0.115

・椿森公園                 0.129      0.141

・院内小学校正門前           0・090       0.162

・道場公園                 0・073       0.078        

・道場北2丁目公園            0.078      0.082

・高作公園(祐光1丁目)         0.083      0.114

・城の下公園(祐光4丁目)       0.076       0.086

・高品西第3公園(東千葉2丁目)   0.073       0.078

単位はマイクロシーベルト。

※左の数字は地表から1メートル地点測定、右は地表や草むらの測定

外で測定・公表していて、この数字が安全かどうか教えてほしいというご意見を

何件かいただきましたが、私が「国の基準はこうだからこの数字なら安全」とは

言うのは無責任です。ただ、今後はもう少しわかりやすく基準等の情報も

織り込みながら、報告できればと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

院内小地区運動会、中央区ふるさとまつり無事開催!

あんまり寝られないまま、朝ふと目覚めるとものすごい大雨。。。。。

これは中止か・・・・と思いつつ、6時に院内小学校へ。

運営役員もどうすべきか意見はそれぞれでしたが、

これから天気は持ち直すだろうと判断し、1時間遅れの10時スタートに決定。

それから、急いで校庭のグラウンドの水を掻き出したり、急ピッチで作業が

進められました。各町会の方々も忙しそうに連絡に追われていました。

私はといえば、10時から開催となり、「中央区ふるさとまつり(at中央公園)」と

完全にバッティング。これはしまったなーと思いましたが、

運動会開催までの準備任務を済ませ、

ジャージから背広に早着替えし、自転車で中央公園へ。

会場で紹介いただき、その後何人かとイベントブースでお話させていただきました。

全然回れなかったので、もう少しゆっくり見学したかったです↓

30分で終わらせて、急いで小学校へUターン。

開会式に間に合いました。

そのまま背広のまま、準備運動するはめに。

(なんかいかにも政治家くさくて、これは恥ずかしかった・・・・)

開会式が終わり、その後はジャージに着替えて、「採点係」の1日でした。

お天気も見事に回復し、日焼けするほどの暑さでした。

ふだん、顔を合わせる子どもたちも元気に競技に参加していて、

うれしく思いました。ただ、運動会自体は最後でちょっとケガをされた方がいたり、

子どもさんでもケガをした子がいて、たいへん心配いたしました。

早く回復されることを願っています。

ふるさとまつりに運動会。

雨だったらどちらも中止(延期はなし)だったわけですが、

どちらもなんとか開催することができ、多くの市民の皆さんも

うれしかったのではないでしょうか。

地域の方々の輪が今後も深まっていけばと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

暁に祈る

予定が詰まっていたのですが、ちょっと体調を崩し、昼間寝込みました。

リハビリの講演会に行きたかったのですが・・・・・

夕方、院内小地区運動会の前日準備。

毎年、長い時間かけて議論・準備してきてますので、ぜひ成功させたいと

祈るような気持ちでした。

夜は、天気が心配でなかなか寝られず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

男子の伴奏

午前中、

母校・椿森中の文化発表会(合唱コンクール)を見学。

発表を聴いて、心洗われました。

特に2年生の課題曲「夢の世界を」は、自分たちの時も同じ課題曲。

懐かしく聞きました。

実は2年生の時、不肖亀井、伴奏をやりました。

その話題に入る前に・・・・・・

今回、びっくりしたのは、

「女の子が指揮者、男の子が伴奏者」という組み合わせが結構あったこと。

先日の千葉大の明石教授のお話を思い出しました(8日の記事参照)。

課題曲と自由曲で、指揮者・伴奏者ともそれぞれ交代というパターンが

多かったのですが、ほぼ全部のクラスで課題曲・自由曲のどちらかで

「男の子が伴奏者」のケースが見受けられました。

時代は変わるものですね。

私が伴奏をした時(1993年)は、3学年×5クラス=15クラスで

男で伴奏は私だけ。ずいぶんからかわれたのを覚えてます。

それより前の数年間もいなかったということでした。

ピアノも習ったことのない私がいろいろあって(みんなにいいとこみせたくて汗)、

合唱コンクール2ヶ月前から、見よう見まねで猛練習。

・楽譜が読めない(先生に弾いてもらって耳で覚える。美空ひばり方式)

・異様な指づかい(人指し指多用。小指を使わない)

・テンポ、リズムが不安定

・指揮者の指揮を見ない(鍵盤にかじりついており、物理上見られない)

という難題を抱えながらも、見事に出場。

結果・・・・・・・、聞くに堪えないすばらしい独演会となりました。

今でもその時のテープが残っていますが、ひどい代物です。

いずれyoutubeにUPしたいくらいのひどさです。

それはどうでもいいとして、

面白いのは

そのひどい伴奏がなんと下の後輩たちに

「あんな演奏でやれるなら、俺にもやれる」

と勇気(?)を与えたらしく、

翌年は1学年下の学年で男子の伴奏が3人になりました。

それ以降、男子の伴奏者は着実に増えていったとのことであります。

私でも役に立つことがあったんですね(笑)

毎度、馬鹿話でしたがめでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

全国市議会議長会研究フォーラム

全国市議会議長会研究フォーラムに会派「未来創造ちば」のメンバーで

参加してきました。場所は青森県青森市でした。

全国から2400人の「市議会議員」が参加しました。

全国に市議会議員は約2万人おりますので、10%強が青森市に結集した

ことになります。

主に「議会改革」について、専門家・パネラーの講演がありましたが、

会場が満杯で私は会派のメンバーと離れて、会場の一番後方に座りました。

いつしか私の関心は周りに座っている他市の議員に奪われていました。

寝てるのはまだかわいいもので・・・・・

講演中なのに、私語をやめない者。

携帯電話で話す者。

スマートフォンをいじくりまわす者。

スマートフォンで夜の宴席の場所探しをする者。

夜の宴会の話で盛り上がる者。

「1時間くらいでさっさと抜けましょうぜ」と下品な笑いを見せる者。

(実際に1時間で退席しました)

まぁなんというか、学級崩壊というか。

こんな議員をいくら送り出しても、政治がよくなるはずが。。。。。

ひとり怒りで「マグマ大使」状態でしたが、

途中から、皆さん退席したり、熟睡モードに入りましたので、

講演に集中できてよかったのはよかったのですが。

しかし、税金で視察に来てるわけですから。

観光に来るなら、アンタの金でやってくれよと思います。

もちろん、

「そんなこと言って、おまえ自身はどうなんだ」と言われないように、

常に自分を省みて戒めていきたいと思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

資産公開!?

本日、議員の資産公開がされました。

新聞各紙に掲載されておりました。

私は「預貯金185万円」ということで掲載されております。

54名の議員がおります。

それぞれの人生・生き方があります。

資産ゼロから持っている方、多岐にわたります。

ただ、これはあくまでもひとつの指標というか目安だとおもっています。

土地や建物があれば、書かなければいけませんが、

現金の場合、銀行等に預けずにたんす預金にしてれば、

たんすに1億あっても「資産はゼロ」になってしまうはず?です。

(議会事務局の皆様、もし間違っていたらすみません)

土地や建物だって名義を変えておけば、本人の資産になりませんし。

(これももし違っていたら、ご指摘ください笑)

なにがいいたいといえば、

もちろん資産公開は必要なんです。これは間違いありません。

でも、やり方によっては、意味ないというかそんな感じがしてしまうのです。。。

「資産」の基準日は「5月1日」ですので、

私がこの預貯金を4月30日に下ろして、たんす預金にしておいたとしたら、

「資産ゼロ」になるのだと思われます。

あ、これ以上ごちゃごちゃ書くと、また議会で揉め事になりそうですから、

このへんでやめることにします(笑)

まぁまとめると、要は、正直に書けばいいんじゃないかということなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

イラク戦争を検証する

夜、ご縁あってお誘いいただき、

「イラク戦争の検証を求める会(仮称)」に参加しました。

たいへん勉強になりました。

イラク戦争から長い年月が流れ、もう忘却の彼方の感すらありますが、

現地では、未だに不安定な治安状態にあることが報告されました。

大量破壊兵器の名のもとに、日本も参戦(後方支援)したわけですが、

やはりきちんと総括しなけりゃぁなりません。

「のどもと過ぎれば的なご都合主義」ではいけないわけです。

すでにイギリスなどでは、

検証委員会が設立され、ブレアなどの責任が問われているそうです。

日本でも今、国会でそうした議論を求めて、心ある議員が動いていることも

報告されました。

日本はこの戦争に多額の金をこの戦争に使ってるわけです。

そういった意味からも総括が必要なわけです。

当時の某首相が国会で「どこが戦闘地域かわかるわけがない」と

わけわかんないことをのたもうておりましたが、

その責任は重いと思います。支持した国民の責任も重いです。

振り返れば、当時、私は学生でした。

駅前で戦争反対の行動をしたりしてたわけですが、

心無い声や、一緒に活動していた女性が暴力を振るわれたりと・・・

いろんなことがありました。

なんとなく、世論が流されているというのを肌で感じました。

駅に立っていて、背筋が凍るというか、なんというか。

「子どもや孫を守るために、なにかあれば俺は立ち上がる(武器をとる)」

こういうことを”さらっとのたまうお方(特に中高年)"をいやというほど、

その時やそれ以降も見てきましたが、

こういう御仁に限って、普段なにも地域・社会のために汗をかいたことがないし、

そのご子息ご令嬢も公共心がなかったりするんですよね。

皮肉なものです。

・・・・・・まだまだ書きたいところですが、

少々、内容が過激になってきましたので、

炎上沙汰になる前に今日はこのへんで。失礼しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

千葉県動物愛護セミナー

午前中。

16日の院内小地区運動会の準備・景品づくり作業。

けっこう頭を使う作業・重労働です。

ですが、ひとつひとつ心をこめて作ったつもりです。

午後、市民会館にて県健康福祉部主催の

「千葉県動物愛護セミナー」に参加しました。

実は動物愛護・殺処分の問題は以前から、関心のあったテーマなのですが、

「本質に触れる」「真実に近づく」ことが怖くて、悩んでいたテーマでした。

今回、逃げていてはいけないと決意をしました。

20111009

【千葉県動物愛護セミナーin市民会館】

講演では、新宿区保健所の方から、新宿区の「地域ねこ対策」について

取組みが紹介されました。

餌やりをめぐる住民トラブルを防ぐために、住民の間に行政が積極的に

関わっていくことが重要とのことで、自治会・ボランティア・行政の3者の連携を

はかっているとの報告でした。

また、財団法人日本動物愛護協会の方からは、

被災地・福島で取り残されたペットの救援活動の報告がありました。

地震後、ペットを連れていけず、泣く泣く置いてきてしまったという被災者の

方の話や、野生化した動物がいるという話はニュースでも聞いていましたが、

実際に保護・救援をされている講師の現地のお話には涙がこぼれました。

会場からもすすり泣きが聞こえました。

この「緊急災害時動物救援本部福島シェルター」

田村郡三春町で活動中だそうです。

第2部では、千葉県の取り組みの現状、

そして県から委嘱されて活動している「動物愛護推進員」の方の報告がありました。

県では、殺処分の減少を目指し、行動しているとのことでしたが、

平成15年(約2万匹)から大きく減少しているものの、

平成22年には犬・猫合わせて7000匹が殺処分されたとのことでした。

全国では約23万匹が処分されているそうです。

各地区からの動物愛護推進員からの報告では、

君津・富津地域での殺処分が多い現状が報告されました。

これは、以前にも他の方から聞いたことがありますが、土地柄というか、

「動物は自然に生まれ、自然に生きて、自然に死んでいく」みたいな

農村的な考え方が原因なのでしょうか。

親戚が以前に言っていた話ですが、

君津や富津では猫・犬を捨てる回収箱(ダストボックス)みたいなものがあって、

そこに動物を入れるらしい・・・・・という内容でした。

真偽のほどは定かではありませんが(ご存知の方、ご教示ください)、

依然として、箱に動物を入れて捨てるということは行われているそうです。

やるべき課題は山積です。

金のために、無理に繁殖させ、動物を痛めつけ、

売れなければミキサーで処分する・・・・というペットショップのおぞましい話を

先日聞いて、怒りと涙に打ち震えました。

不幸な動物を少しでも減らすためにも、

こうした現状を少しでも変えていかなければならないと強く思います。

千葉市でも動物愛護に向けて、行動が必要です。

今後も勉強を深めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

若者の就職事情を考えるシンポジウム

千葉大けやき会館にて行われ、参加してきました。

3時間15分のシンポジウムでした。

まず、県より「県内の若者の就職事情」について報告がありました。

県内の大卒者の就職内定率は81.5%(4月1日現在)、全国91.1%(同)で、

毎年、全国に比べて低い現状が明らかにされました。

また各種統計から、ニートは02年より全国で60万人台を推移し、

県内でも約3万人と予想されているとのことでした。

その後、県内で活動するちば地域若者サポートステーションの方々より

報告がありました。

現在、厚労省・県の委託を受け、千葉市、市川市、柏市の3箇所で

若者の就労支援などの活動を行っているそうです。

千葉市の「ちば地域若者サポートステーション」はこちら

http://www.chiba-supportstation.jp/

幕張にあるとのことでした。私、恥ずかしながら初めて知りました。

15歳~40歳の方は誰でも相談できるそうです。

臨床心理士やキャリアコンサルタントによる相談から

生活習慣の改善や自立支援への様々な活動がされているそうです。

第3部では、「若者の就職事情」として

明石千葉大教授、宮本放送大教授、臨床心理士有馬氏の

3氏によるパネルディスカッションがありました。

20111008

【思わず聞き入ってしまったパネルディスカッション】

このうち、明石氏からは、今のこどもの特徴として、

①挑戦をしない

②ミーティングが下手、徹底した指示待ち

③肉食女・草食男

が挙げられ、その原因は昔のような「放課後社会」が今なくなったことが大きい

と提起がありました。

つまり、子どもたちが群れてのびのびと遊び、その中で人間関係を作ったり、

大人や地域から学ぶ場・機会(怒られたりする)がなくなったということです。

ちなみに、小学校の運動会の応援団長や生徒会長でも女子が増えている

と言う話も印象的でした。時代は肉食女・草食男らしいです(笑)

他の2氏からも関連して、

「仲間・空間・時間という『3つの間』がなくなったことも大きい」とあり、

仲間は、核家族による兄弟の減少、友達の減少。

空間は、家庭内での自分の立ち位置を確認する機会(序列みたいな?)

時間は、受験など、塾に行く子供が増え、遊ぶ時間の減少。

これら3つがなくなったことでコミュニケーション不足の若者が増えたとの

指摘がありました。

そんなこんなで全部書ききれませんが、若者を取り巻く環境について、

議論が展開されました。

自分にもあてはまる部分があり、う~んと唸らされました。

悩みながら自立を目指す青年をこの間見てきました。

私自身も、選挙落ちてたらどうなっていたかと思うことがしばしばあります。

いったん疲れたり、ダメになっても、

元気や正直な気持ち・前向きな気持ちがあればまた復活できる。

そんな再チャレンジのできる時代・社会になればと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

地域の御用聞き

御用聞きといえば、酒屋のサブちゃん(サザエさん参照)ですが、

私も地域の御用聞きです。

今日は、地域から依頼のあったいくつかの件について、

あっちこっちを訪ねて、相談させていただいたり、勉強させてもらいました。

中央区役所では、丁寧に課題解決のアドバイスをもらいました。

これで一歩前進です!ほっと一息です。

毎日、知らないことや難しい課題にぶつかりますが、

生きている証を感じます。しんどいことも多々ありますが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

会派を超えて

今日は議会が終わってすぐの会派会議。

9月議会の総括、今後のあり方について議論がされました。

12月議会に向けて、早くも気合が入ります。いつも前向きです。

夕方からは、物凄い雨の中、他の会派の議員さん&職員さんと交流を深めました。

(密談ではありません、オープンです笑)

こうした意見交換の場はたいへん貴重です。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

議会最終日

議会最終日の朝。

千葉駅にて朝立ちからスタート。

「千葉日報見たよ!」

と知らない方が言ってくださったのには、びっくりしました。感謝です。

立っていますといろいろな市民の方の声を聞けます。

相談であったり、意見・批判もあります。

まさに「道場」とでもいいましょうか。自分の今を省みる貴重な場です。

議会は13時に開会し、15時過ぎに閉会しました。

平成22年度決算も承認されました。

今回の議会では、やはり放射能に関する請願・陳情が大きなテーマだったように

感じました。このことは今後、私も微力ですが、動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

都賀小地区運動会

母校・都賀小地区の地区運動会に参加しました。

今日は地元の選手として参加です。

6時からテント設営に出陣しました。

しかし、毎回地元の皆さんの献身的な頑張りには頭が下がります。

みんな早起きして、子どもたちのためにと段取りをしてくださいます。

会場では来賓でなく、選手として一般人を装いました。

区が違うと誰も気づきませんね(笑)

しかし、母校なのに、懐かしい顔に誰にも会わずに残念でした。

今年も長縄跳び。昨年よりおでぶになりまして、緊張しましたが、

今年も1回もつっかかることなく、跳ぶ事ができました。

昨年は長縄で優勝しましたが(椿森3丁目はほぼ毎年優勝してます)、

今年は残念ながら2位でした。これはやはり悔しい。

終わってからは、自治会で反省会。

当方、若造ですので、注がれると全部呑まねばなりません(笑)

新しいお父さんたちも緊張した面持ちで参加されていました。

こうやって地域の輪が少しずつ広がればいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

8・9月の議員報酬公開です。

Img023

【8月分です】

Img022

【9月分です】

報酬公開については、「亀井たくま議会報告ニュース夏号」で掲載したところ、

市議会の幹事長会議で取り上げられるほど問題となりましたが、

私の公約ですので、今後も随時掲載いたします。

ただ、「支出に関して、言葉が足らない」というご指摘を踏まえ、今回は補足します。

ここにある明細は、議員の収入を示すもので、支出は記載されていません。

議員はここから

・国民年金保険料

・国民健康保険料

・各種税、公共料金

などなど、市民の皆さんと同じように払うべきものを支払っています。

以上が、補足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »