« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

2月議会近づく。

まもなく2月です。

今日はものすごい寒さとものすごい風でしたが。。。。。

おかげで某所の私の立て看板がぶっ飛んでしまいました(汗)

さて、2月議会(平成24年第1回定例会)は2月20日(月)開会です。

当日は新進気鋭の音楽家(千葉市芸術文化新人賞受賞者)の皆さんによる

「千葉市議会議場コンサート2012」も11時より開かれます。

当日は10時より先着順(無料)ですので、ご都合つく方はぜひご参加ください。

2月議会は、我々の生活に直結する「予算」を審議する大事な議会です。

そのため、会期も約1ヶ月間と他の定例会より長く設定されています。

今回も一般質問を行いますが、内容はまだ精査中です。

いろいろ課題はあるのですが、どれにしようか悩み中です。

なお、今回は会派内の「質問持ち時間」の調整により、

私の持ち時間は「30分」の予定です。

これまでよりちょっと短くなりますが、誠心誠意いいものになるように

努力いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

ご意見

市民の方から、お電話をいただきました。

現在77歳。

戦前・戦中・戦後を頑張って生き、

50代のときから、子育てとともにそれぞれのご両親の介護を経験し、

ちゃんと最後までみとってきたとのこと。

「人に迷惑をかけずに死にたい。生きているうちは地域の役に立つことを」

との思いから、現在でも地域のボランティア活動に参加されているそうです。

「若い人たちも志をもってもっと頑張ってもらいたいし、

高齢者も人様に迷惑をかけないように、もっと介護予防を実践して、

健康になって地域の役に立つべきだ」とおっしゃっておられました。

その上で、今回の国民健康保険料の値上げ、介護保険料の値上げについて、

「値上げするだけでなく、収納率を上げることへの努力」

「介護予防を頑張っている人たちに

 そのことへの『やりがい』を与えられるようなシステム」

について、御提起がありました。

「人に迷惑をかけずに、さらに地域のために」

この方のように高貴な精神で歳を重ねていけたらと心から思います。

これからも地域のためにご活躍を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

地元新年会に参加

午前。

政務調査費報告書をつくるために、

事務所&自宅部屋中での領収書の大捜索。

あまりの部屋の汚さに愕然・・・・・

「片付けられない男」なのです・・・・(笑)

議員の皆さん、議会の書類とかどうしているんだろう?

ちゃんと捨てているのでしょうか?

私は未だに大学時代のレジュメや書類も捨てられず。。。。。。

「ダンシャリ」の精神を育んでいかねばなりません。

大いなる反省をしつつ・・・・・

午後は地元の新年会に参加。

地元ということで、たいへん楽しかったです。

小所帯の自治会ですが、日頃からの連帯がはかられていることが

楽しい雰囲気からよく伝わってきます。

地元の課題なども聞かせていただきました。

そんなこんなでいつしかカラオケになり・・・・

カラオケが古くて、なかなか曲がなかったのですが、

・十九の春(田端義夫)

・別れの一本杉(春日八郎)

の2曲を歌わせていただきました。

この自治会では、有志のメンバーがバンドを組んで、

敬老会などで演奏をされています。

私もコラボレーションできたらと思っています。

先般、知人から

「お前のその特技(懐メロ)を活かさないのは、もったいない!」

と言われ、昨今では、なにかお役に立てればと思っているところです。

緑区では、以前にお手伝いした懐メロサークルが少しずつ動き始めています。

歌で皆さんを元気にしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

密集市街地対策は地元の意見を慎重に

本日は、会派「未来創造ちば」の議会報告会が

緑区、稲毛区で開催されました。

両会場ともに参加の予定でしたが、

午後は、稲毛区小仲台公民館で開かれた「稲毛東5丁目地区」の

密集住宅市街地環境整備事業・住宅市街地整備計画書案の説明会に参加へ。

(長くて舌を噛みそうですね)

「密集市街地」とは、「敷地・道路が狭く、老朽木造建物が高密度に建ち並び、

地震時に大きな被害が想定される市街地」とされ、

さらに「重点密集市街地」とは、「その中でも地震時に大規模な火災の可能性が

予想され、重点的に改善すべき密集市街地」とされています。

千葉市では「稲毛東5丁目」と我が「椿森3丁目」がこの「重点密集市街地」に

該当するそうです。(抽出基準があるそうです)

椿森3丁目に関しても、2月4日(土)に説明会が開催される予定ですが、

整備にあたっては、沿道住民の権利侵害にもつながることが予想されています。

近隣の住民の方から、そのようなご意見を戴いています。

そのため、稲毛東5丁目の状況も知る必要があり、今日の参加となりました。

説明会は午後2回にわたって開催されました。

市側の説明のあと、質疑応答が行われました。

1回目は多くの方が見えましたが、2回目はやや人数が少なかったです。

20120128

【説明会(2回目)の様子】

住民の方々からは、

「新設の耐震性貯水槽と既存の貯水槽とのあり方」

「道路拡幅をするなら、5丁目公園側の歩道・公園敷地をなぜ削らないのか」

「地質調査をするべきだ」

「京成線路側への避難経路、道路のあり方を考えるべき」

「耐震性の弱い住宅への補助ということはいつやってもらえるのか」

など、多くの意見が出されていました。

稲毛東5丁目地区でも対策は

・耐震性貯水槽の設置

・3本の道路の拡幅

ということが基本線のようです。

耐震性貯水槽は100トンクラス。(100分間消火に使える水を貯められます)

椿森でもこれはぜひ導入を求めたいと思います。

3本の道路拡幅に関しては、

うち1本の公園横の道は「市保有の土地が多い」ということで、

円滑に進めることができそうですが、

それ以外の2本はこちらも住宅のセットバック、家の取り壊しなどが想定され、

先行きは不透明です。これは「椿森」も同じ状況です。

耐震性を満たしていない木造住宅の除去等への補助も

「議論はこれから」という状況なのかなという感じがしました。

帰りがけの住民の方々の話に耳を傾けたところ、

「なんだか、まだあんまり話が決まってないみたいだなー」

「何回も呼ばれても困る」

という内緒話が聞こえてきました。

来週は椿森3丁目で説明会です。

丁寧な説明と住民の意見がしっかりと反映されるよう、求めていきます。

夕方は、小仲台から自転車にてそのまま、

稲毛区柏台「オークヒル」での議会報告会に参加しました。

会派「未来創造ちば」6名全員がそろいました。

山本・小田両議員の支援者などが参加されておられました。

毎回、自分の話の下手さにうんざりしてます・・・・

話がうまい人にとてもあこがれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

それぞれの雄飛

友人が久方ぶりに千葉に帰ってきたので、懇親しました。

(某本千葉駅界隈にて)

久しぶりの再会ということで私の当選祝いもしてくれました。

(あ、飲食の供応を受けたわけではありません笑)

それぞれ道は違うけれど、それぞれ現場で日々奮闘しています。

いい刺激をもらった日でした。

次の議会に向けて、日々精進しようと心に誓いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

政務調査費報告を作成中です

議会報告会、新しいニュース作成、市民からの相談対応・・・・・

忙しい日々です。忙しきことは良き事かな。

そんな中で、もうひとつ重要な仕事に取り組んでいます。

「政務調査費」の報告書作成です。

市議会議員は現在、毎月27万円の政務調査費が保障されています。

(現在、30万円から27万円に10%減額措置がとられています)

これは議員報酬(額面73万1500円、77万円から5%減額措置中)と

別に保障されたもので、議員活動を円滑に行うために存在しています。

この政務調査費に関しては、千葉市議会においても

これまで「無駄な海外視察」「不適正な支出」が指摘されています。

市民の皆さんの税金です。

無駄な支出は絶対に許してはならないと思います。

議会の中では、「議員の海外視察」の復活を求める声もありますが、

そんな無駄遣いをしている場合ではないとここで断言しておきます。

さて、私は選挙時に「ムダの削減」を訴えましたし、

そして「議員報酬・政務調査費のあり方の見直し」について約束しました。

あと数ヶ月で当選して1年になろうとしています。

これまでの日々を振り返って、率直に思ったことを挙げさせてもらえれば、

「議員って意外に忙しいな・・・・・」

「でも、目的意識がなければそうでもないのかもしれない」

「報酬ってこんなに支払われるの!」

「でも今月は出費がかなり多いな・・・」

「市民の方の要望がうまくいったとき、やりがいを感じる」

「市民から夜中も電話がかかってくる・・・やってられない」

「理不尽な要望・意見も多々ある。なんだかなあ」

「質問をつくる作業は緊張の連続。でも終わったときは大きなやりがい」

などなど・・・・挙げればいろいろ出てきます。

議員の仕事は華々しいようにも見えますが、実情は地味だったりもします。

良い時もあれば、苦しい時もあります。

私は単純な人間ですので、良いことがあれば心から嬉しくなりますし、

苦しいときはえらい勢いで落ち込みます。

でも、この仕事にはやりがいを感じています。

落選中には「議員って、なにしてるんだろ?」と思ったのですが、

活動してみると、意外に忙しい。夜・昼ないときもあります。

でも、市民の方は「議員の仕事が見えない」とおっしゃいます。

ここに大きな隔たりがあります。

これは議員の側がきちんと「活動の見える化をしているか」ということが

突きつけられているのだと思います。

報酬・調査費のあり方は、現在「議会のあり方検討協議会」で

議論が進められています。

国会でも、国会議員の歳費・特権見直しの方向が示されています。

(示されているだけで、実現するかはかなり不透明ですが・・・・)

市議会でも真摯な議論が必要ですし、まずは「活動の見える化」が必要です。

これによって、たとえば、

「これだけ活動していて、これだけ費用がかかったから、必要なのです」

というような見える化が必要だと思っています。

つまり、そこから、本当に必要なことに使われているのか、

そして、今の報酬・政務調査費の額が妥当なのかということ

が自ずと明らかに

なってくるものと思っています。

現在、自身の1年間の政務調査費の計算中です。

自身がこの1年どれだけのことをしたのか、

そしてどれくらい費用がかかったのか、

ここから見えることはなにか、どう改善すべきなのか、

多くのことが見えてくると思います。

平成23年度の政務調査費は来年7月2日に全面公開されます。

(昨年度の分は、市議会事務局にて公開されています。

私はまだ当選していませんので、記録がありません)

私の報告は、きちんとこのサイトでも別途、公開したいと考えております。

それにしても、膨大なレシート・領収書の山・・・・・。

別に公明正大な使い方をしておりますので、全然困ることはないのですが、

なかなか大変な作業です。

そうえいば後援会の収支報告書もやらなければ・・・・。

でも、どちらも議員自身がやることが当たり前のことだと思っています。

よくある「秘書や事務所にまかせていて、知らなかった」というのは、議員として

ありえないことだと思っています。

さて、なんだかんだと長くなってしまいましたが、

現在、格闘中でありますので、

議会事務局の担当職員の皆さん、今しばしお待ちくださいませ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

1000リーフパートナーシップ

24日(火)夕方、きぼーるにて「1000リーフパートナーシップ」の

第6回会議に参加しました。私は初参加でした。

コンセプトを簡単に表現しますと、

「日本をリードする社長を千葉から創出する」とのミッションに向け、

「起業するなら千葉!」と思える環境づくりを目指しています。

やる気・アイデアはあるけど、ノウハウやお金がない・・・・・

そんな人材をみんなで支えていこうというプロジェクトです。

(ちゃんと合ってますか?まとめすぎたかな?)

初めての参加でしたが、すでに千葉の経済をリードしている方々が

たくさん参加されており、熱気あふれる会議でした。

私自身は、「起業」ということには明るくないのですが、

今回参加したのは、「ぜひこのプロジェクトに協力したい」

「どういうプロジェクトなのか知りたい」という方々が

まわりに何人かいらしたので、いわば「橋渡し」の役としてです。

このプロジェクトも、

第一線で活躍する方々とこれから新しい事業を創めようとする人材を

「結ぶ・つなぐ」

そんなプロジェクトだと思っています。

「人と人とを結ぶ、つなぐ」

これも議員の大事な仕事だと思っています。

千葉市を元気な街にするためにも。

栄町近辺を元気にするためにも。

今後、そういった希望・野望に燃える方々をつなげていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

かけがえのない命を奪ったのなら

テレビを見ていて、痛ましいニュースに涙がこぼれました。

大阪でネパール人の男性が日本人男女4人に集団暴行を受け、

亡くなったとの事件の報道があったのですが、防犯ビデオに犯行の一部始終が

映っていて、その映像がテレビで放映されていたのです。

集団で執拗に殴る、蹴る・・・・しまいには自転車を顔面に何度も振り下ろすなど、

恐ろしい映像でした。鬼畜の所業としか思えません・・・。

憤りで思わず、ツイッターで怒りをつぶやいてしまったのですが、

他にも私と同じような思いの方がたくさんいて、

日本もまだ捨てたもんじゃないと思いました。

事件は毎日のように起き、小さな事件は新聞の片隅。

すぐに忘れ去られてしまいます。

でも、どんな事件もこのように悲惨な形で、被害者は亡くなっているのです。

人を殺めたのなら、極刑が当然です。

私も人権ということを第一に活動してきましたが、

「死刑制度」に関しては、仲間と意見が異なります。

何の罪もない人のかけがえのない命を奪ったのですから。

その報いを受けるのは当然です。死をもって贖うべきです。

事件の報道は一部です。

被害者遺族が事件後にどれだけ苦しんでいるかは報道されません。

遺族で自殺したり、発狂したり、病気になったり・・・という方は多いのです。

それだけ、残された遺族は苦しむのです。

(その気持ちを私は体験したことがありませんが、

もしそうなったら、たぶん耐えられないと思います)

光の事件は、ようやく最高裁で最終弁論が終わりました。

この事件も、判例から言えば、「無期懲役」で終わっていた事件です。

しかし、本村さんの怒り・勇気・行動が世論を動かし、違う判断に導いたのです。

家族を奪われ、さらに反省せずに侮蔑の言葉を被告から浴びせられた本村さん。

その心中はさぞつらかったと思います。

こうした思いをしている被害者遺族はたくさんいるのです。

そうした方々のことを思えば、さらなる厳罰化が必要です。

殺人のみならず、強盗や強姦も厳しく処断するべきと常々思っています。

命を奪われずとも、心を殺されている方もたくさんいるのですから。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

福祉セミナー

千葉県社会福祉協議会主催の第37回県民福祉セミナーに参加しました。

今日も会場は市文化センター。3日連続の文化センター利用です。

テーマは「つながりと居場所のある社会を目指して」

基調講演は北海道大学大学院教授の宮本太郎さん。

様々なデータを示しながら、現在の我が国の状況と「無縁社会」について、

お話がありましたが、実にわかりやすいお話でした。

宮本氏によれば、

・無縁社会の出現は、これまでの日本型生活保障の解体に始まった。

・日本男性は会社中心の生活、つまり「社縁」(会社関係の縁)によって、

結ばれ、そこに「血縁」(家族)がぶらさがる構造になっていた。

・90年代中盤の「終身雇用制」の崩壊に伴い、その「社縁」が崩壊。

「地縁」(地域での縁)を作ってこなかった男性は、「居場所」を失う。

・「居場所」「つながり」を失った男性の孤独化がさらなる「無縁社会」を生み出す。

という流れは、まさにその通りだと思いました。

「社縁」中心だった男性が、「つながり」を求めて地域活動に参加しても、

「昔とった杵柄」(会社時代の話)しかしないので、結局、他人と馬が合わず、

活動にも参加しなくなる・・・・

でも、地域活動等の役員(肩書き)はやりたがる・・・・

というたとえ話も、大いにうなづけるものでした。(そういう事例は私も見ています)

90年代の終身雇用制の崩壊、非正規雇用化が非婚化・少子化を招き、

現役世代の安定雇用を前提とした社会保障制度の崩壊につながっています。

東京都では2030年に男性の単独世帯が

50代で32%、60代で36%、70代24%となると予測されています。

男性の「おひとりさま」も確実に増えるとされているのです。

しかも、この単身世帯は年金の受給権もなく、貯蓄も乏しい可能性が高いと

指摘されています。

高齢世代、団塊の世代などの社会参加がこれまでも言われていますが、

氏は「地域」「家族」「企業」「行政」などの連携で「新しい縁」をつないでいく

ことが必要と話されていました。

「自分が必要とされているんだ」という「承認関係」「居場所」をつくることが

「つながりの地域」をつくりだしていくのです。

このほか、第2部では、大阪府、松江市の社会福祉協議会の取り組み、

中核地域生活支援センター海匝ネットワークの取り組みについて報告がありました。

とりわけ、「障がいがある人も自分らしく地域で暮らすための活動」の報告では

地域ぐるみで障がいのある人との交流・サポート体制を目指す事例が報告され、

サポーターが一緒に買い物をしたり、学習の場を作ったり・・・・と

「地域でやる気になれば、こんなこともできるのか!」

と私も元気付けられました。

昨今、地域のとある会合で「障がい者福祉について、話をしてほしい」と

依頼されたのですが、その後、中止になってしまいました。

「議員が話すのは、政治がらみで良くない」というような(?)

意見が出たためだそうです。

私は「議員」ということでなく、「障がいのある家族のいる当事者」ということで

お話ししたかったのですが、どうも「政治がらみ」と見られてしまったようで、

たいへん残念でした。

障がいがあってもなくても、みんなで支えあって暮らしていく地域にするためには、

「当事者」はもちろん、「行政」「議員」「福祉現場」などの連携も必要です。

この件は残念でしたが、今日の講演を聞き、

地域でも実践できるじゃないか!!

と強く思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

サンスポマラソンとニューフェイスちばコンサート

今日は、サンスポマリンマラソンが美浜区で開かれました。

毎年のことながら、今年もコース整理員で参加です。

あいにくの雨でした。

11キロ地点を担当しました。

今日は何人くらい参加していたのでしょうか、

かなりの数のランナーが目の前を通過してゆかれました。

途中からは本格的な雨となり、たいへんなコンディションでした。

それでも、この寒空・雨空の中をランナーの皆さんが

「この日のために」という思いで走っていることを考えると、

私もこの場にいられて良かったとしみじみ思いました。

走ることもつらいのに、天候も悪くてさらにつらいはずなのに、

「ごくろうさま!」

と我々、コース整理員に声をかけてくださった方が4名いらっしゃいました。

身も心も雨で寒くて、芯から冷えていましたが、

そうしたやり取りがありますと、

ぱっと心も気持ちも暖まりました。(まさに文字通りです)

友人・知人も何人か出場していたのですが、

あまりに多くの参加者のため、発見できませんでした。

先輩の茂手木議員さんは発見できました(笑)

私には気づかれなかったようでしたが。

20120122

【あまりに寒くて、死にかけてました(笑)】

マラソン後の午後は、市文化センターで開かれた

「奥村愛withニューフェイスChibaコンサート」へ。

これまで千葉市芸術文化新人賞を受賞された方々とのコラボでした。

http://www.f-cp.jp/info/kouen.php?serial=1347

千葉市芸術文化新人賞は

「芸術文化活動を活発に展開し、将来の活躍が期待される新進気鋭の

芸術家を、千葉市が表彰するもの」です。

今日はメインの奥村愛さん(バイオリン)をはじめ、

この千葉市芸術文化新人賞をこれまで受賞された

高橋梓さん(ビオラ)、尾崎未空さん(ピアノ)、山岸努さん(バイオリン)の

皆さんが演奏を披露されました。

あの、私のようなド素人ですと、上手く表現できないのですが・・・

とにかく素晴らしかった・・・・・

この一言しかありません。(これ以外に言葉見つかりません)

もっとたくさんの人に、千葉市にはこんな素晴らしいアーティストが

いるんだよ!ということを知らせたいと思いました。

我が会派にはオペラ歌手の小田求さんがいらっしゃいますが、

(今日も会場で隣の席で、いろいろ教えてくださいました)

文化・芸術を育てていくことの大切さをいつも教わっています。

外国のように、身近な場所に文化・芸術が存在し、

そこからまた新たな文化・芸術が産声をあげていく・・・・・

千葉市がそんな場所になっていけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

議会報告会を開催しました。 議会への意見いただきました。

にんにく臭いまま、議会報告会へ。

市文化センターで開催しました。

参加者は主催者発表250人(公式発表15人です)w

レジュメが表裏印刷3枚、たいへん時間かかりました。

なぜなら、印刷設定が「早いモード」じゃなくて、「きれいモード」に

なっていたからです(汗)

すばらしくきれいな印刷のレジュメができました。(中身はともなっている?)

10時開催なのに、私が9時45分入り。

これは遅刻じゃないか!!( ̄ロ ̄lll

と焦って栄町をものすごい勢いでダッシュしたので、

また、にんにくたっぷりの汗が出てひどいこと。

これはご来場の方、先輩・同僚議員に怒られるぞーと

息を切らせて駆けつけると・・・・

誰も来ていません(笑)

人っ子ひとりいません。(厳密にはお客様が1名いらしていました)

いやぁさすが先輩議員というのは、余裕があるなぁーと

感心いたしました(笑)

皆さん、ほぼギリギリでのご到着でした。

私の性格の欠点により、

段取りなどまったく決めていませんでしたが(本当になにも決めていない)、

「臨機応変にやりましょう」(得意な言葉ですw)

と無茶振りだったのですが、

それぞれ、持ち時間ぴったりに議会報告、会派のあり方、市政に臨む姿勢など

お話がありました。

ここもやはりさすがだなーという思いでした。

ご来場の方も出だしは少なかったのですが、

最終的には15名ほどになり、質疑応答・意見交換なども活発に行われました。

とりわけ「議会のあり方」について、ご意見がありました。

簡単にまとめますと「市民の代表として議員がいるのだから、

もっと真面目に働いてほしいし、活動の見える化をはかってほしい」

ということでした。

傍聴をされたことのある方が多く、

「寝てたり、本読んでたりする議員が後ろの方(当選回数の多い方)にたくさんいる。

緊張感もってやってほしい」という声も強かったです。

私は議場で心掛けていることがいくつかあります。

①「寝ないこと」(当たり前のことですが)

(眠くなることは人間なのでありますが、学生時代のように頑張ってます。)

②「背もたれに絶対寄りかからないこと」

(態度の乱れは心の乱れに。常に前向きな姿勢で)

③「違う会派でも拍手はすること」

(常に他者に敬意をもつことが大事かと思います。ただ、あまりに

ちょっとという発言、事務局が作った原稿を読むだけの発言にはしません)

④「メモをとること」

(なかなか難しい作業ですが、書かないことには理解できませんので)

⑤「神聖な場所だということを常に忘れないこと」

(自分にとっての道場であり、神聖な場であります。

入退室時の礼は欠かしません。常に荘厳な気持ちで臨んでいます)

とまぁえらそうに書いてしまいましたが、市民から選んでいただいて、

自分がここに来ているんだということを毎回自分に言い聞かせています。

先般、違うところでも、市民の方から

「議会中継をネットで見たんだけど、何人かの議員が質問時に

『お昼までもう少しですから、あとちょっと我慢してください』

『早く帰りたいところかもしれませんが、一般質問を行います』

『質問の時間を会派の仲間から分けて戴いたことに感謝します』

というような発言で質問を始めるのがものすごい嫌だ」

というご意見を戴きました。

つまり、こういう発言は、「市民不在を端的に表すもの」とその方は

おっしゃっておられました。

「どうでもいい話」であり、「ふざけている」というのです。

また、「議会・会派だけの論理」であり、

市民から選ばれて活動しているという意識が

欠如している何よりの証拠だというのです。

私もこれまで、このような発言をそのような感覚で捉えたことがなかったので、

そういう見方もあるのかなというように今回、感じました。

議会という独特の世界にいますと、たぶんに感覚が麻痺する部分があると

思っています。そのことがもっとも恐ろしいこととは常々思っています。

今回、報告会でいただいた市民の方からのご意見をまた

議会で活かせるように働いてまいります。

来週28日(土)は、緑区、稲毛区でも開催いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

地下鉄は今日も終列車

日中、放射線に関する市民からの問い合わせに応えるため、

レジュメを作成。市のこれまでの放射線対策を要約したものをお渡ししました。

私自身もあらためて、これまでの取り組みを再確認する良い機会となりました。

さて、その後、都内へ。

こちらも放射線に関する取り組みの意見交換など。

その後、大学院時代にお世話になった方々と有楽町で懇親。

それぞれの分野で活躍されておられる方々だけに、お話は有意義です。

つくづく、もっと学生時代に勉強しておけば良かったと思います。

(そのツケが今回っております・・・・・)

途中、電話がかかってきたりして、結局、電車は終電でした。

タイトルの「地下鉄(メトロ)は今日も終電車」は、歌謡曲のタイトルです。

あ、そういや、今日は「有楽町で逢いましょう」でした(笑)

同じ年代の曲です。

さぁ、明日の報告会のレジュメが終わってないぞ。。。。。。

帰りを急がねばと思い、終電を降り、改札を出ようとすると・・・・

友人に捕まってしまいました(笑)

これはラーメンです。

しかもニンニクたっぷりです。

おかげで元気は出ましたけども(笑)

朝まで泣きながら、レジュメ作成したことは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

放射線測定器貸し出しがまた行われます

このたび、市原市の株式会社「城装」さんから、

千葉市に放射線測定器が200台(1台9800円相当)寄贈されました。

機械は、「家庭内放射線測定器 エアカウンター」(エステー株式会社製)です。

これにより2月3日(金)以降、1世帯1日単位で追加貸し出しが

行われる予定です。

2月1日(水)9時より、電話にて申し込みができます。

詳しくはこちらをご覧ください

http://www.city.chiba.jp/kankyo/kankyohozen/somu/rental.html

なお、亀井も「出張測定」やっておりますので、引き続きご利用くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

阪神大震災から17年

昨日は忘れてはいけない日でしたね。

もうそんな月日が流れたのかとニュースを見て思いました。

今回の地震もそうですが、記録・記憶をしっかりと継承し、

今後に活かしていかなければと思います。

さて、フェイスブック、昔のなつかしい方々とさっそく交流できました。

まだ自分のこと、覚えててくれたんだとしみじみ感動です。

瞬時に誰とでもつながれる時代になりました。

僕の友人で、ソフ○バンクの孫○義氏にネット上で直談判したつわものが

いますが、そうやって瞬時に誰とでもつながれる時代になったのです(笑)

本当にすごい時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

フェイスブック始めました

3日付の記事を書くに当たり、なにか忘れているな・・・・・と

思っていましたが、今日はっと思い出しました。

今年の目標4つ目。「アナログ体質・体制からの脱却」です。

具体的課題・取り組みは

・ブログの定期更新

・サイトの拡充・更新

・「フェイスブック」をはじめること

・「ツィッター」を面白くする(より過激に?)

・スマートフォン購入?(携帯が3年目でガタが来てますが、変えてません)

・家のネット環境が壊れているのを直すこと(現在、家でネットが使えません)

このうち、フェイスブックに関しては、

これまで多くの方から「是非やったほうがいいよ!」とお誘いを戴いたり、

大先輩から「招待メール」を直接戴いていましたが、

なかなか取り組む時間がありませんでした。

本日、思い立ってついに参入しました。

まだ使い方がよくわかっていませんが。。。。。

各論マニフェスト1つクリアです。

3日坊主にならないように、皆さん監視してください(笑)

「亀井たくま」で検索すると出るはずですので、どうぞ探してくださいませ。

多くの方から教えを戴く場にしたいと考えております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

議会報告会のお知らせ

お知らせが遅くなってしまいましたが、議会報告会を開催します。

会派「未来創造ちば」のメンバーも勢ぞろいです。

とき:1月21日(土)10時~11時半

場所:千葉市文化センター9階 第4会議室 (パルコの隣の建物)

内容: ①12月議会の報告(6,9月議会も?)

          ②質疑応答・意見交換など

申し込み:不要です、無料です、誰でもOKです!

これまで、会派としては緑区を中心に報告会を開催してきました。

今回は中央区、稲毛区でも開催します。

なお、他の区での日程は以下の通りです。

・緑区   1月28日(土)13時半~ 鎌取コミュニティセンター創作室

・稲毛区  1月28日(土)17時~   道の駅オークヒル(柏台ファミールハイツ)

どうぞよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

市立千葉高校の先輩方が被災地支援活動にて活躍!

さて、昨日の男の子育て講座には、縁あって参加したのですが、

どんなご縁かといいますと、母校・市立千葉高校の先輩方からのお誘いでした。

そして、この先輩方は今、たいへんすばらしい活動をされています。

1989(平成元)年に卒業された先輩方は、

現在、東日本大震災復興支援のために献身的に活動をされております。

昨年の2月に久しぶりの同窓会をされたそうなのですが、

その後に3・11の震災があり、

「自分たちにできることを、懐かしい仲間たちとともに始めたい」

と立ち上がり、現在、母校・市千葉の昔の校舎をデザインしたTシャツを

製作・販売し、その利益を被災地に寄付しておられます。

すでに第1次集約として約50万円を寄付されており、

現在、第2期(1月31日まで)の取り組みが進められております。

今回、先輩方のこのような活動を知り、たいへん胸が熱くなりました。

こんなアツい思いを抱いた先輩方がいる!

本当に後輩として誇りに思います。

私も微力ですが、この活動に協力したいと心から思い、

これから宣伝などはじめていきたいと思っております。

Tシャツは1枚2200円になります。

懐かしい市千葉の校舎がデザインされています。(HPを参照ください!)

もちろん市千葉OBGでなくても、全然OKですので、

ご協力いただける方はどうぞよろしくお願い申し上げます。

また、お近くの市千葉OBGの方に、このプロジェクトのことを広げて

行っていただければと思います。

ホームページはこちらです→   http://ich.digiweb.jp/

ご注文は、ホームページを通じても結構ですし、

私の方へお申し付けいただいてもかまいません。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

それにしても、先輩というのはありがたいものです。

初対面だったのですが、なんだか昔からよく知っているような感じで

すぐに打ち解けることができました。とても楽しいひとときでした。

先輩方のますますのご活躍を祈ってます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

男の子育て!

午前中、蘇我のハーバーシティで開かれた消防出初式に参加しました。

市消防局と市消防団の1200名が参加し、

43台の消防車、消防ヘリ2機、消防艇1隻が出動し、

盛大に開かれました。

2012011401

【大規模地震によるビル火災を想定しての訓練。迫力がありました】

このほか、市鳶伝統保存会の方々の木やり・はしご芸が披露され、

若い女性も高いはしごの上で安全綱なしで見事な技を繰り出していました。

また、消防局の新入隊員の皆さんの一糸乱れぬ体操などもありました。

こちらも総代は女性が務めていらっしゃいました。

女性のパワーが光っていたように思いました。

流山の消防は揉めてるようですが(笑)

しかし、会場は寒空の中。途中から体の芯から身体が冷えました。

あ、「千葉市消防の歌」って歌があることを初めて知りました。

早速、楽譜をGETしました。これまたたまりません。

市議会議員合唱部(仮称)でも取り組んでいきます(笑)

さて、出初式が終わってから、予定を変更し、

ちば県民共生センター主催による

「一歩先を行く男の子育て・孫育て応援塾」に参加しました。

ファザーリング・ジャパンの安藤哲也さんより講演がありました。

ファザーリング・ジャパンは

「父親であることを楽しもう」とのコンセプトのもと、

男性の育児参加を積極的に進めています。

男性が積極的に育児に参加することで、

妻の育児不安や負担を共有することになり、

そのことがひいては子どもの健やかな成長にもつながっていく。

また、男性が仕事漬けでなくて、地域の活動に関っていくことで、

子どもが豊かに育つ環境が醸成される。

そのようなお話だったと思います。(違ってたらスミマセン)

2012011402

私もまだ独身ですが、いずれ家庭を持つようになったときには、

育児にもしっかりと参加していくつもりです。

千葉市でもイクメン手帳がこのたび発行されました。

http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/danjo/ikumen.html

子育てに積極的に関わっていく男性が増えることを望みます。

もちろん、そのためにはワークライフバランスの問題が重要なことも

講演では強調されていました。

「よい父親でなく、笑っている父親を増やそう」という言葉が新鮮でした。

http://www.fathering.jp/ (ファザーリング・ジャパン)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

とある議員の1日

今日は調べものなどがあり、1日市議会の会派の部屋におります。

午前中は、経済部にお邪魔しました。

現在、市では「1000リーフパートナーシップ」というプロジェクトが

スタートしたところです。

市内には10,000の企業と30,000の事業所があり、

その他にも起業を目指す若い世代、女性、脱サラされた方など

たくさんの人材もいます。

起業への熱い思い・アイデアを抱いている。

でも、ノウハウや資金がない。

そうした方々をみんなで応援することで、起業を支援し、

ひいては千葉市の活性化につなげていく。

これがコンセプトです。(違ってたらすみません笑)

最終的にはみんながwin-winの関係になれるようなネットワークづくり

ということになればいいですよね。

人と人をつなぐのも議員の仕事です。勉強になりました。

さて、その後は要望やメールのお返事に追われています。

質問されたことは、各所管に行って聞き取りをするなど、

やることはたくさんです。

先ほどは環境保全課・環境規制課にお邪魔しました。

千葉火力発電所に増設されている「緊急電源」の「ガスタービン発電設備」

のコンバインドサイクル化が報道されましたが、

この間の環境への影響はどうだったのか。今後の見通しはどうなるのか。

こちらも勉強になりました。

最近はおかげさまで、いろんな分野の勉強をする機会に恵まれています。

得意分野も苦手分野もありますが、1つでも知識を学び、

市民の皆さんに還元できればと考えております。

あ、ちなみに

「最近、放射能の測定してないの?」と市民の方からメールを戴きましたが、

相変わらず、リクエストに応えてちゃんとやっておりますので、

どうぞ皆様ご利用ください。ご用命は亀井まで。

(千葉市の測定器貸し出しはおかげさまで3月末まで一杯です)

それから、各地域・学校での測定結果はこちらです↓

http://www.city.chiba.jp/kankyo/kankyohozen/kankyokisei/air_housha_kekka-all.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

狭あい道路問題。道路広げればそれでいいの?

私は椿森3丁目という地域に住んでいます。

生まれた時から住んでいますし、祖父母の代からなので、

たいへん愛着がある場所、自分の原点ともいえる場所です。

この地区は道路が狭いことで有名です。

ちょっと知っている方なら、

「あぁ、あの狭いとこね」

と話がわかるくらいのところです。

今、この地域をめぐって、数年前から議論が行われてきました。

先般、道路の拡幅ということが示され、1回目の住民説明会も開かれました。

そこでは、沿道の住民からは、「拡幅を望まない」という意見が

大半だったと記憶していますが、

今回、再び同様の整備案が示され、2回目の説明会が行われます。

基本線は変わらず、

・町内の3本の道路を拡幅する

・公園に貯水槽を設ける

・公園を一部拡幅する

というものです。

公園への防火貯水槽などの設置は大賛成ですが、

現況2.7メートルの道路を「5メートル以上」にするのは、

現場の状況からいって、私は無理があると思います。

多くの建物は、「ちょっと土地を削られる」という生易しいものでなく、

「建物も削らざるを得ない」形になると思います。

ただ、補償はあくまでも「削られる土地」のみだそうです。

代替地もないそうです。

となると、計画道路にかかる小さな土地&小さな建屋の方々は、

その後どうなるのでしょうか。

住民は道が狭くても、互いに譲り合って生活しています。

私も自動車の出入りがちょっと面倒とは思っていますが、それでも

一生懸命気を遣って、譲り合って、出入りしてますので、

特に不便を感じたことはありません。

道路が狭くても、「譲り合い・支えあいのコミュニティがここには確かにあるのです。

地元が望んでいない道路拡幅をなぜやるのでしょうか。

限られた財源の中で、真剣に防災を考えるならば、

もっと別の方法・やり方はたくさんあるはずです。

「防災」は「道路を広げればそれで対策完了」ではないはずです。

中央区内には、このような狭あい地区がたくさんありますが、

このような進め方を許してしまうと、他の地区でもこうした方法で今後

道路拡幅が進められていくことになるかもしれません。

(この件は、今後もレポートしてまいります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

今年は厄年?

今年はどうも厄年のようです。

どうも新年からいろんなことがうまくいきません。

試練の1年なのかもしれません。

「災い転じて福となす」「人生苦しいときが上り坂」など、

都合のいい諺を並べ立てて、なんとか乗り切っていきます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

千葉市成人式!

千葉市成人式が行われました。

毎年のことですが、今年も会場前で

新成人にお祝いの言葉をかけてきました。

よく、「新成人に頭下げたって選挙行かないよ」と言われますが、

選挙のためにやっているつもりはありません。

若い世代にハッパをかけたい、ただそれだけです。

それで、会場行ったのですが、これまた毎年のことなのですが、

各党、群雄割拠です(笑)

気分はまさに戦国時代(笑)

「やぁやぁ我こそは未来創造ちばの・・・・」

という訳にもいかず、はしっこの方で大人しく、

「おめでとう!政治にも関心を!選挙にも行ってくれ!」的な声かけを

させてもらいました。

まぁしかし、これも毎年のことですが、

挨拶しても、返事返ってくるのは100人に4人。会釈を入れても13人。

なかなか厳しい数値です(笑)

挨拶は基本なんだから挨拶くらいしてくれよなぁと

ややテンションダウンするものの、

用意した怪しげな「おめでとうボード」も大活躍でした。

(後から、あれ良かったですよと知らない人から声かけてもらいました)

20120109

【芸人風のボードを掲げつつ。確かにやや怪しい】

式典では、ビデオメッセージコーナーでお世話になった

中学校の恩師の先生方が多く登場し、会場内でも笑いが起きていました。

自分の時もあんなコーナーがあったら、面白かったかもしれません。

あ、ちなみに自分の成人式の時は

芸人さんがゲストで来ていましたね。(市もまだお金かけてた?)

それもなんと海砂利水魚(現・くりーむしちゅー)の2人でした。

かなり懐かしい思い出です。

あ、ちなみに式典時も時折、怪しげなボードを掲げさせていただきましたが、

当の本人は、極めてまじめにやっているので、どうかご勘弁ください。

その後、全体で「大地讃頌」を合唱。

市議会議員には、歌を心から愛する方々がたくさんおります。

小田求議員、田沼隆志議員、山本直史議員と私の4人で

もの凄い声を張り上げて、心をこめて歌わせていただきました。

今後、市議団合唱隊を発足する見込み(?)です。

その上で、私の念願であった「千葉市歌」「千葉市子どもの歌」など、

千葉にまつわる歌をリバイバルで流行らせていきたいと考えております。

まぁそんなヨタ話はさておき、

新成人の皆さんの輝かしい将来を期待します。

千葉市のために前進されることを心から願っています!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

スペシャルオリンピックスin習志野

スペシャルオリンピックスに久しぶりに参加しました。

アスリートの皆さんとプールで活動しました。

昨今では、議会や会議等でなかなか参加できず、

しばらくぶりでしたが、新年からはまた気を引き締めてお手伝いします。

アスリートの皆さんのひたむきな姿に、毎回勇気をもらっています。

ひたむきに打ち込むことで、やがてできてくる事ってありますよね。

私は物覚えが悪く、なかなか前に進めない人間なんですが、

ちょっとでも何かができた時って、飛び上がるくらいうれしい気持ちになります。

子どもの時に、逆上がりが初めてできた時みたいな(笑)

そういう気持ちをぜひアスリートの皆さんにも感じてもらいたいですし、

地域での小中学生にもそうした気持ち・やりがいを感じさせたいと

常々思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

千葉市高度地区見直しを考えるシンポジウム

午後、文化センターにて行われた

「千葉市高度地区見直しを考えるシンポジウム」に参加しました。

同僚議員も何名か参加していました。

私は、今回都市計画審議会委員を仰せつかっていますので、

この「高度地区」については、きちんと勉強しなくてはと思っていた課題でした。

今回、ご縁あって、参加できて有意義でした。

20120107

【会場からも多くの意見が飛び交い、多くの問題意識を共有できました】

立場上、まだ意見などは書けませんが、

ひとつだけ言いたいのは、

これから迎える人口減社会において、どう持続可能な地域を作っていくか

ということがこれからの視点として必要だと思います。

千葉県の人口が減ったと報道がありますが、

私は前からの持論で人口が減ることは悪いことだと思っていません。

食糧問題や環境問題を考えたとき、人口は絶妙な均衡を

保っていかねばなりません。

経済拡大の面から、人口増を望む方もいますが、

すでに市場はある意味飽和状態です。みんなモノに満たされているわけです。

都心に行きますと、高いマンションが林立する地域に目がくらみます。

駅に近く、利便性が高い。昨今では病院やちょっとした施設が同居しています。

こういったところで老いを迎えるのも悪くない気もします。

しかし、そこに住民同士の連帯があるかといえばそれはわかりません。

それがなければ、いかに立派なマンションでも

孤独死問題で対応を迫られている公団団地などと同質です。

千葉市内を歩き回って、気がつくのは

市内地域でも「空き家」が目立ってきました。

特にここ数年です。

外見しっかりしたお宅でも空き家になっていたりします。

ワンルームマンションも

できたものの住んでいるんだかよくわからないところも見受けられます。

隣はなにをする人ぞ的な、孤立社会を肌で感じることもしばしば。

マンションも増え続けていますが、それに見合った需要のあり方というのは

かなり不透明な気がします。

現在、千葉市では3世代同居を応援する施策が進められていますが、

介護・福祉の問題も含め、今後はそうした流れも作っていかねばなりません。

そう考えると、これからの住環境のあり方もまた違った見方となります。

立場によって、まちづくりのイメージ・考えというのは異なるのはもちろんですが、

10年、20年先の千葉市をどのようにしていくのかという視点を大事にしたいと

思っています。

まとまりないですが、今日はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

椿森中PTA新年会

12月末からの風邪が全く治りません。

さて、今日も風邪をひきつつ、風に吹かれて西東。

夜は、母校・椿森中学校のPTAの新年会がありました。

ご承知の通り、椿森中は古くからの学校です。

戦後、「市立四中」として、出発しています。

緒方拳氏など、著名人も多いのですが、

市役所でもけっこう先輩がおられます。

また議員の世界でも多くの先輩がいらっしゃいます。

山中操県議会議員(若葉区)も大先輩です。

この日も参加されていらっしゃいました。

議員としてのあり方など、いろいろお話をさせていただきました。

なお、市議会では宍倉清蔵議員や石橋毅議員も先輩にあたります。

PTAの方々や歴代・現職の先生方と交流させていただきました。

保護者の方や、先生方も椿森中出身という方がけっこういるので、

右を見ても、左を見ても先輩状態です。

たいへん可愛がっていただきました(笑)

先輩というのはありがたいものです。

楽しいひとときを過ごし、母校のためにまた頑張るぞと決意をあらたにしました。

20120106

【出し物などもたいへん工夫されていました。本当にありがとうございました!】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

11年ぶりの健康診断

11年ぶりに健康診断を受けました。

いや、ちゃんとした健康診断は初めてと言ってもいいかもしれません。

学生時代は、大学主催の健康診断を「並ぶのが面倒くさい」と

2年次からボイコット。(健康診断に半日ほどかかるのです)

それから、院修了までまったく受診せず。

修了後は、健康診断があるような正規職でなかったので、

受けることもできず(笑)

そして、今日の日を迎えました。

ここ数年、仕事柄、お酒の量が増えていたのと、

注がれると全て呑んでしまう性格のため、たいへん結果が心配でした。

結果は、ありがたいことに「いたって健康」ということでありました。

両親や全ての方々、万物に感謝です。

気を引き締めて、今後も働いてまいります。

あ、ちなみにやや運動不足なようでした。

体質改善もマニフェストに追加ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

新年の誓い

つらつらと新年の目標を考えているのですが、

どうもはっきり定まりません。

10大目標みたいなものを掲げたいのですが・・・・。

とりあえず、具体的なもので確定しているものを。

①今年も毎議会、一般質問をします。(当たり前のことですが)

②本を365冊読む。(トーマスマンさんのご指摘を受けて)

③減量。体重1割減。(約7キロです・・・)

以上、3点です。

今後、また増やしていきます。皆様からもご意見をどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

千葉神社前、荒行!

正月3日間は、千葉神社前にて決意表明とご挨拶。

毎年のことですが、なかなかの苦行です。

今年も大晦日の夜から、多くの方が詰め掛けておられ、

報道によれば、30万人以上の方が参拝されたそうです。

昨年は震災など、つらい1年でしたが、

今年は多くの方に少しでもいい1年になるよう、願っています。

政治の責任も大きいわけですから、肝に銘じます。

3日間で合計18時間立たせていただきましたが、

いつもお世話になっている方、ご無沙汰してしまっていた方、

全くの初対面の方など、多くの方とお話できて良かったです。

ご意見活かしてまいります。

さて、画像は初日に戴いた品々です。

20120101

風邪を気遣ってくれて、友人からは風邪薬。

初対面の方からは大判焼きを頂戴しました。低頭感謝です。

こちらは2日目に頂戴したコーヒーです。

20120102

寒さで死にかけた時のコーヒーは格別です。

ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

2012年です!

2012年。新しい年を迎えました。

政治・経済はまだまだ混迷の中にありますが、

千葉市議会という土俵の中で、少しでも自分にできることから

始めていきたいと思っております。

皆様におかれましても、どうか自分にできることからはじめていきましょう!

みんながいいことをすれば、世の中も良くなるはずです。

(世の中そんなに甘くはないのはわかっておりますが)

さて、今年もこのお正月は千葉神社前にて、

新年のご挨拶&決意表明を行わせていただきます。

愚直に精進します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »