« 平成26年9月議会の内容です | トップページ | 働く人を大切に »

2014年10月 3日 (金)

障害者の表記をめぐる議論

今回の一般質問で

「障害」「障害者」の漢字表記を改めるべきではないか。

という質問をして、議会は終わったのですが、

それが思わぬ方向で議論となっています。

この「障害」の表記については、、私の当選後初めての議会(平成23年6月議会)で

質問しましたので、今回リベンジの再質問となりました。

市の答弁は

「国が引き続き、漢字表記をすることと、障がい者団体から要望もないことから、

変える方針はない」との答弁でした。

残念だったのですが、私も聞き分けがいい人間ですし、

市の立場や事情があるのは理解できないこともありません。

しかし、その後、市長がtwitter上で、

議会で「『障害』を『障がい』と改めてはどうか」という質問を頂きました。国でも様々な議論を経て、従来通り『障害』を使用するという結論に至っていますし、障害者団体等からの要望もありませんので改める予定はありません。障害者のことを思っての質問でしょうが、少し違う気がします

と書かれたことから、議論が再燃しました。

「何が少し違う」のか理解できなかったことと、

私の質問の趣旨がご理解いただけてないのではと思い、

私もtwitter上で意見を述べさせていただきました。

その後、市長にはネットを通して、多くのご意見が寄せられているようです。

(市長の上記発言のリツイートは約900件)

私も多くのご意見をいただいているところです。

多くの方を巻き込んだ議論は今も続いています。

私としては、「障害」「障害者」という表記は変えるべきと思っています。

ベストな状態でないことは多くの方が感じておられるかもしれません。

ただ、それに代わる呼称がなかなか見つからないことや、

漢字をどう変えるか、ひらがなでいいのかということが

課題としてあることも承知しています。

しかし、だからと言って、このまま放置していていいわけがありません。

今後、障がい者差別解消法が平成28年に施行されることで、

国・自治体には可能な限り、「合理的配慮」が求められることになります。

政令市や県庁所在市では、すでに自ら「障がい」に変えているところもあります。

「国が漢字表記だから」ではなく、こういう小さなことから改めることが

自治体に求められている「合理的配慮」なのではないかと申し上げました。

また、「障がい者団体に聞き取りをしたが要望がなかった」ということなんですが、

障がい者団体に所属している障がい当事者って、全体の数%なんですよね、

決して団体に聞いたからと言って、多くの障がい当事者の意見を

反映しているわけではありません。

 

私のまわりには「変えてほしい」という当事者の方、

障がいがなくても「変えたほうがいい」という方がおられます。

こういう思いを受け止めていくべきと思います。

字面だけ変えても意味がなく、

ハード・ソフトの両面で制度を良くするべきとの主張も多くみられましたが、

障がい者福祉(制度)を良くしていくのは、最初から当たり前のことです。

だから、字も変えればいいんです。

このたった一文字を変えることを「不毛だ」「意味がない」と簡単に

切り捨ててほしくないのです。

たとえば、一般でも行政でもよく使われる「健常者と障がい者」って

言葉を考えたとき、やっぱりそこにははっきりとした区別があります。

この「健常者」と「障がい者」が対義語であるうちは、

ピープルファーストではありません。

たった一文字なんですが、本当に大きな課題と思います。

まぁでも、これは障がいのある人が家族や友人、大切な人にいないと

永遠にわからないのかもしれませんが。

とりとめない文章ですが、今日はこのへんで。

|

« 平成26年9月議会の内容です | トップページ | 働く人を大切に »

コメント


亀井さんのお考えを支持します!

なんだか、違法PTAに似ているように思います。

PTA退会された、大阪の地方議員の先生のブログ、是非ご確認ください。
http://ameblo.jp/mashpoteto/entry-11561496149.html

ブログでPTA問題を言及されていた君津市市議会議員の須永先生、PTA問題議会質問者の下田けんご先生(市議会議員選挙トップ当選、元NHK職員)を市長選で応援されるそうです。

亀井さん、これからも応援しています!

草刈りありがとうございました。
私も細々とできる範囲で美化活動、楽しんでいます(ダイエット)。

投稿: 市民 | 2014年10月 6日 (月) 20時17分

ご参考

最近の他自治体地方議会でのPTA問題が紹介されています。
http://ameblo.jp/mashpoteto/entry-11928604005.html

投稿: 市民 | 2014年10月 6日 (月) 20時23分

昨年度千葉市議会へ陳情がありました、PTA入退会の自由 について、教育委員会会議を傍聴された、文化学園大学加藤薫教授が、会議内容を分析されています。
http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-11555285605.html
http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-11557626506.html
http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-11573747988.html

加藤教授は、昨今、新聞、TV、ラジオ、雑誌で、PTA問題について度々言及されています。
千葉市の問題です。
亀井さん、是非ご確認ください。
よろしくお願いします!

投稿: 市民 | 2014年10月 6日 (月) 20時42分

>市民さま
お返事遅くなりまして、失礼いたしました。
ご意見ありがとうございました。
PTAの入退会についての、他自治体議員、専門家の活動・発言など
ご紹介いただき、たいへん参考になりました。
私も地域の学校のPTA活動に外から参加させていただいておりますが、
多くの保護者の方からも意見を伺っていきたいと思っています。
また、資料などありましたら、今後もご教示ください。
よろしくお願いいたします(^^)

投稿: 亀井たくま | 2014年10月18日 (土) 15時51分

こんにちは。 身内に障害者がいます。
「障がい者福祉制度をよくするのは当たり前、だから名前も変えたらいい」という意味がわかりません。制度をよくしたら名前も変えなくてはならない理由は何故でしょうか?
「害」という字の視覚的イメージですか?
もしそうならば、本人と周りが障害をどう受け入れ、障害とどうやって共に生きていくのか、個人とご家族が障害とどう向き合っているのか、当人とご家族の、障害への向き合い方の問題だと思います。
例えば、私の身内は全盲です。他にも障害をおっています。身体障害者手帳1級、介護5と言えば想像できますでしょうか?
視覚的イメージが悪いから字を代えたいのであれば、視覚障害者にとっては当人であるにも関わらず「かやの外」と感じます。当人には見えないのですから。
身内からしてもいい気はしません。むしろ、字を代えるのは見えている人間達のおごりのようにさえ感じます。
このへんは、どうお考えですか?
1つよい例をだしましょう。
若い世代で、知的障害者をチショー、身体障害者をシンショーと略してる人が稀にいますね。ネットでも結構あります。
若い子は言葉を略す傾向があるし、ネットは打ち込むのが面倒なので略語になる傾向があるし、そんな事で私はいちいち差別だ何だと怒りませんが、この略語は個人的に印象が悪いと私は感じます(笑)
例え、害と言う字を代えてもこの略語は変わらないでしょうね。
もし、この略語に不快感があるから、障害者という言葉を撤廃してほしい!といったニーズがあれば今度は呼び方を変えますか?
仮に代えた字や変えた呼び方が定着し、数10年後に今度はその字や呼び方が今現在の既存のイメージと結局はイコールしていたら、また同じ問題が出てきますよ。
そうなったら、どう対処しますか?
字というものは、一種の記号なんです。人の感情や印象だけで字を変えていたら、着地点は一生見つかりません。
これが「字をかえる必要はない」と思う私の根拠です。
変えるのは字ではなく、障害というものに対して、どのように向き合うか、それを本人自身や家族の一部としてどのように受け入れるかの、人間の認識と意識及び精神のプロセスだと思います。字なんかより、精神的なプロセスって、障害者にとって生き方を左右するのでとても大事なんですよ。
どうしても嫌!と言うのなら、ご本人やご家族や周囲の方が、身の回りの方達に協力してもらって害と言う字を使わなければいいだけです。
私の身の周りに、もしそういう方がいれば字を公レベルで変えようと言う動きには決して賛同や協力はしませんが、ご本人やご家族の方と交流する際に「これこれこういう理由で、私達には害と言う字は使わないで」との要望があるのでれば、「あっ、そうなんだ?教えてくれてよかった。わかった。使わないよー」と、決して使いません。個人レベルでなら、それぐらい何ともない協力だからです。むしろ「嫌!!」と断る方のほうが稀なのではないでしょうか。

投稿: 月 | 2014年10月20日 (月) 04時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159533/60417562

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者の表記をめぐる議論:

« 平成26年9月議会の内容です | トップページ | 働く人を大切に »